カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 子宮頸癌の検査とは?~性交での出血~

女性のカラダの悩み

子宮頸癌の検査とは?~性交での出血~

 

 

セックス時の出血でいちばん心配なのは、子宮頸がんです。出血が続くようなら、かならず婦人科を受診しましょう。そこでの子宮頸がんの検査は、つぎのようなものです。

 

 

1.問診

 

まず、医師から出血の状態や初潮の時期などの問診があります。そこで子宮頸がんが心配であれば、検査を希望することを伝えましょう。必要であるかどうかは医師が判断しますが、検査はしてくれます。

 

2.内診

 

内診台に乗り、子宮内の状態を見ます。内診台で開脚し、クスコと呼ばれる金属の膣内を少し広げて見る装置(膣鏡)を挿入します。クスコは温めてあるので、痛みや冷たさ等はさほど心配がありません。まずは膣内の状態を確認します。

 

3.細胞診

 

クスコで膣口を開大した状態で、綿棒などで膣内の細胞を一部採取します。採取したものについて、がん細胞(前がん病変)がないか、ヒトパピローマウィルス(HPV)がいるかを顕微鏡で検査します。

 

 

これらの検査はだいたい10分くらいです。検査費用は全額自費負担では5000円〜1万円くらいかかりますが、多くの自治体での公的補助があり、2000円程度で受診できます。また、異常がある場合には保険適用となります。

内診台が嫌だと思う方も多いと思いますが、医師がきちんと診断するために合理的にできている装置なので、割り切りましょう。内診台に乗る場合には、スカートをはいていた方が全部脱がなくていいので良いでしょう。スカートはフレアスカート等がオススメです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/23-358024.php?category=265)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

子宮摘出などにならない為に!子宮頸がんと予防ワクチンについて

20代から30代の若い患者が多いことで知られているのが子宮頸がんです。子宮頸がん...

セックス時の出血で見つかる子宮頸がんとは?

  セックス時に出血して、それが止まらなかったり、さらに出血量が増えてきた...


「自宅でやる!」は危険?!子宮頸がん検査キットの使用とは?

近年若い世代にも増えつつある子宮頸がん。がん検査のガイドラインでは20歳を超え...

ワクチン、ピル、食事…子宮頸がん予防にするべきこととは?

    自分でガードしましょう!   女性の、特に若い世代の女性が感染す...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る