カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳がんを見つける正しい自己触診のコツをマスターせよ

女性のカラダの悩み

乳がんを見つける正しい自己触診のコツをマスターせよ

 


乳がん はがんのなかで唯一、自分で診断できるがんです。

発見の目安は乳房のしこりです。

このしこりの見つけ方が間違っていると、

せっかくの発見できるがんも見逃されてしまうので、

注意が必要です。


●早期乳がんのステージで確認してみよう

乳がんにはその進行度に合わせて、ステージが設定されています。

ごく初期の内容をみてみましょう。

・0期・・・…極めて早期の乳がん

・Ⅰ期……しこりの大きさが2cm(1円玉の大きさ)以下で、

わきの下のリンパ節には転移していない

・Ⅱ期……<Ⅱa期>しこりの大きさが2cm以下で、

わきの下のリンパ節への転移がある場合、

またはしこりの大きさが2~5cmでわきの下のリンパ節への

転移がない場合。

<Ⅱb期>しこりの大きさが2~5cmでわきの下のリンパ節への転移がある場合。

(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

「がん情報サービス」ホームページより)

これでみると、まず早期発見の目安としては、

「2cm」がポイントとなることがわかります。



●正しい自己触診のポイントは?

乳がんを2cm以下で見つけることはとても大変です。

それはなぜかといえば、ほとんどの人が自分の乳房に触ることに

慣れていないせいです。ポイントは以下のとおりです。



・毎月1回は自己検診する習慣をつける……乳房に慣れ、

その変化に気づくことが第一です。1カ月に1回は必ず触る習慣を

つけましょう。

・できるだけ広い範囲をチェックする……ていねいに押さえるようにして、リンパ節のある場所を意識しながらチェックします。

鎖骨の下、わきの下までしっかり確かめてください。

・かならず続ける……正常な状態を知ることで、小さな異常やしこりに

気づくことができます。毎日かならず続けることが大切です。



●エコー検査かマンモグラフィーか

マンモグラフィーは、閉経前の女性の場合、乳腺が白くうつり、

がん細胞が見えにくくなることがあります。

そこで、乳がん検診を受ける場合は、閉経前の女性ならエコー検査を、

閉経後の女性ならマンモグラフィーをお勧めします。

 

 

(Photo by //www.flickr.com/photos/mindonfire/6639620953/)

著者: 光成さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

切らずにガスで凍結?最新乳がん治療『非切除凍結療法』とは?

マイナス160℃で乳がんを凍結!『非切除凍結療法』とは?  近年、乳がんの最新...

エコー検査でどうやって乳がんを発見するのか?

  欧米では比較的若い世代でも当たり前のように乳がん検診に行きますが、日本にお...


乳がんや乳腺症の早期発見!乳腺エコーではしこりの良性・悪性判断が出来る

  乳腺症は胸にしこりができる病気で、乳癌(にゅうがん)と症状が似ていて不安に...

女性なら、乳がんの基本的症状、治療方法を知っておこう

女性にとって乳房は女性のシンボルとしても非常に重要な存在です。そんな乳房の病...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る