カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 糖尿病で気をつけたい低血糖症状!糖尿病のインスリン治療について。高血糖になる悪循環…?糖尿病の疑問

生活習慣病

糖尿病で気をつけたい低血糖症状!糖尿病のインスリン治療について。高血糖になる悪循環…?糖尿病の疑問

 

糖尿病で気をつけたいのが低血糖症状です。とくに無自覚な低血糖症は、命に関わることにつながります。低血糖で危険な状態にならないためには、準備と対策が必要です。

 

 

低血糖にならないためには

糖尿病では、規則正しい食事の摂り方の指導を受けますが、人によってはなかなかこれを守れないことがあります。しかし、きちんとコントロールした食事をとらないと、低血糖で危険な状態になることも意識しなくてはなりません。低血糖では次のような症状が起こります。

 

自律神経症状:空腹、発汗、不安、動悸、震え、唇の乾燥など

中枢神経症状:集中力の低下、眠気、意識の混濁、おかしな行動、頭痛、けいれん、昏睡

 

低血糖を起こす原因

・食事の回数が少ない:何度かに分けて一日に必要なカロリーを摂取しましょう

・食事時間が不規則

・空腹

・インスリンの効果が強い時間に激しい運動をする

・激しい運動や過労

・インスリン分泌過多

・肥満

・過剰なアルコール摂取

 

低血糖を起こしかけたら

食事が不規則になったり、低血糖を起こしやすい環境にあるときには、低血糖発作を起こさないように準備が必要です。食事をとれない場合には、こうした時のために糖尿病用の食品として販売されているブドウ糖を摂ることが一番です。このブドウ糖は血糖値を急速に上げることができます。飴やジュース等で代用することもできなくはありませんが、こうしたお菓子をいつも口にするようになると、糖尿病そのものに悪影響があります。したがって、甘すぎて食べにくい「ブドウ糖」のほうがよいのです。低血糖発作で亡くなる方もいるので、十分な注意が必要です。

 

 

糖尿病性の低血糖は、無自覚症状の場合も多く、突然昏倒するなどの危険もあるため、日頃から意識的に低血糖への注意が必要です。

 

 

血糖値測定器の使い方とポイント!糖尿病のインスリン治療について

血糖値測定器を正しく使用し、誤差の少ない血糖値の値を計測することは糖尿病でインスリン治療を行っている方にとって重要です。今回は一般的な血糖値測定器の使い方と誤差を少なくするポイント、自己測定した血糖値のどこを見ればいいかを紹介します。

 

 

血糖値測定器の使い方

メーカーや機器によって多少異なりますが、測定の方法としては

 

1.採血用の針とセンサーにセットします。

2.針を消毒し、皮膚に刺して血を出します

3.本体に血をしみ込ませ、しばらく待ちます。

4.結果を記録します。

 

誤差を少なくするポイント 

 2.の課程で血を絞り出さないようにすることがポイントとなります。血を搾り出すと血以外の体液が混ざってしまい、血液中の糖の濃度が変わってしまいます。血液が出やすいように針を刺す前に刺す部分を揉んでおく、暖めておくと良いとされています。

 

自己測定した血糖値のどこを見ればいいか

血糖値は体重と同じように、1日のうちどの時間に測るかによって変化します。また、測る気温によっても値が変わります。体温計で測る時に、部分や体制をかえると誤差が出るのと同じように、血糖値測定器も誤差が出やすい機器です。このため、自己測定した血糖値は記録してその変化を観察します。誤った判断の例としては、血糖値が126mg/dlあった、正常な血糖値は100mg/dlだから糖尿病だ!と判断することです。126ml/dlは糖尿病と判断される空腹時の血糖値の値ですが、満腹時に測ったとすれば、正常な反応を示しているだけといった結果になります。

 

 

血糖値を測ることは、糖尿病でない方にも体調を確かめることにおいて有効です。体調が悪いけれど、ふらふらする場合では血糖値が下がっていることがよくあります。興味があれば血糖値測定器を買い測ってみると良いかもしれません。

 

 

高血糖になる悪循環…シックデイの危険性について知っておこう!

糖尿病は高くなった血糖値を治すことが治療の目的ではありません。治療は血糖値をコントロールすることを目的に行うのであって、その作業とほぼ一生付き合っていくことになります。

 

血糖値がコントロールできない!

普段の生活の中では、規則正しく生活し、薬を服用していれば、血糖値が乱れることはありません。しかし日々の生活が、いつも普段通りに行くとは限りません。それまで血糖値コントロールをしっかりとコンスタントに続けていたとしても、風邪をひいたり、お腹をこわしたりすると、血糖値が乱れやすくなります。こうした糖尿病以外の病気になったときはシックデイと呼ぶのですが、そうなったときの危険性をここでは書いていきます。

 

血糖値が危険なほど高くなるシックデイ

風邪などによって発熱、腹痛、吐き気、下痢などといった症状が出ると、体にはかなりのストレスがかかります。この体へのストレスが大きいと体はそれに対処しようとして、ストレスホルモンというものを分泌します。しかしこのストレスホルモンは血糖値を上げる作用を持っており、糖尿病の患者さんにとっては危険です。

さらに、シックデイの場合体の機能低下によってインスリンの分泌が低下したり、働きが鈍くなったりしますので、ダブルパンチで血糖値が高くなりやすいのです。

 

シックデイは悪循環を呼ぶ

シックデイによって高血糖になると、体はその高血糖によっても抵抗力が落ちます。抵抗力が落ちれば風邪などの病気がますます悪化したり、治りにくくなるということですので、悪循環です。特に下痢や嘔吐などの症状があると、体が脱水状態になって血液が濃くなり、高血糖にも拍車がかかりやすくなります。

 

普通の人にとってはただの風邪でも、糖尿病の人にとってはそう軽いものではありません。風邪などの病気にかからないようにするのはもちろんのこと、いざ発症してしまったときに適切に対処できるようにしておくことも必要です。

 

 

若者がなりやすい!?ペットボトル症候群…入院期間、完治までの期間はどれくらいなの?

スポーツドリンクや炭酸飲料などの飲み過ぎでなるのが、ペットボトル症候群という急性の糖尿病です。

1日に2L以上、清涼飲料水を飲む方はペットボトル症候群に注意が必要です。

 

●必ず治るとは言えない

ペットボトル症候群は、『急性』の糖尿病ですので、ある程度体から糖分を抜いて血糖値を正常に戻すことで、症状の改善、その後の血糖値の上昇もみられないことがあります。

これはいわゆる完治と言える状態ですが、必ず完治する保証はありません。

人によっては、ペットボトル症候群から回復しても血糖値が安定せず、糖尿病の治療に移らなくてはいけないケースもあるのです。

 

●入院は~7日程度

ペットボトル症候群も含まれる、糖尿病性ケトアシドーシスという、血中ケトン体が高くなって体に影響を及ぼす病気での入院期間は、大体1週間くらいが目安と言われています。

これは高血糖が解消するまでにかかる時間で、緊急で入院してすぐに糖分を排出する点滴などを受ければ、約12時間で症状は軽くなります。

また、軽度のペットボトル症候群の場合は、入院するとしても1-2日で帰れると考えてください。

 

●清涼飲料水は中止できれば望ましい

一度ペットボトル症候群を治療して、その後血糖値が安定していても、清涼飲料水は出来れば中止した方がよいです。

例えば、炭酸水には350mlで角砂糖8-10個分が含まれており、1日3本飲めばそれだけで角砂糖24-30個分、グラム換算で32-40gの糖分を摂取することになります。

お茶や水にすれば糖分はありませんし、脱水症状が心配であれば経口補水液がお勧めです。

日本の大手製薬会社から販売されている経口補水液は、350mlあたり6.3gの糖分で、炭酸水などに比べるとはるかに少ないです。

 

ペットボトル症候群は名前の雰囲気からすると、それほど重い病気ではないように見えがちですが、実際のところは昏睡する可能性もある病気です。

普段から清涼飲料水の飲み過ぎを見直して、予防することが一番です。

 

 

ちょっとのケガが足の壊疽に…日頃のチェックで予防しよう!

糖尿病では足の切断という事態が起こることがあります。これは高血糖によって足の知覚が鈍くなることや、足の血流が滞ることをきっかけに起こることです。足のけがなどに気づきにくくなっていることは、自分ではなかなか自覚できないものです。ですから日頃から足に意識を向けておくことが大切です。

 

足にけがをしないために注意しよう!

足の切断は突然そのような事態になるわけではありません。最初のきっかけは足のちょっとしたけがなどがほとんどで、そこから壊疽に進行していきます。ですからまずはそもそも足にけがを負わないように注意してあげることが重要になります。

 

足を守るための注意点

素足にならない:

上記の通り、壊疽のきっけかになるけがはちょっとしたものであることが多いです。そのため、足の裏や爪先などに小さな傷などができるのを防ぐことが大切です。そのためには家の中でも靴下をはくようにしましょう。理想は血流障害までカバーできる、サイズの合った、通気性の良い綿製の靴下です。また色が薄い方が出血に気づきやすいという利点もあります。

靴をはく前に中をチェック:

足の知覚が鈍くなっていると、靴の中に小石などが入っていても気づかずに履き続けてしまって傷をつくってしまうことがあります。

靴のサイズは夕方の足に合わせて選ぶ:

個人差はありますが、誰でも多少夕方になると足がむくみます。その時のサイズがその人の最大のサイズですから、なるべく夕方のサイズに合った靴を選ぶとよいでしょう。靴がきついと靴擦れなどで簡単に傷ができてしまいます。

ヒールが高くないものを選ぶ:

ハイヒールはどうしてもつま先に体重の負担がかかってしまって、爪で皮膚を傷つけてしまうことがあります。

出来ればサンダルは避ける:

サンダルなどのように足が覆われていないものは、その分だけ足が守られず、怪我をする確率も高くなります。

 

予防はしすぎるくらいがちょうどよいです。特に足の感覚が鈍くなっている場合には、こうした予防とケガをしていないかどうかの確認をしっかり行いましょう。

 

 

大災害に備えて~糖尿病の人は非常用持ち出し袋になにを入れる?

大災害は、いつ起こるかわかりません。

地震や台風など、日本に住んでいる限りはなんらかの備えをしておきたいですね。

 

糖尿病など持病を持っていると、災害時に薬がないという状況は症状を悪化させることになり、避難生活が困難になります。

時には薬がないことで、命の危険性も考えられます。

 

糖尿病の人が災害時に持ち出すべきものや、避難生活の注意点についてご紹介します。

しっかり確認しておきましょう。

 

糖尿病非常用持ち出し袋

・経口血糖降下薬、常用薬

薬はいつも飲んでいるものを2週間分持ち出し、袋の中に入れておきましょう。

薬は長期保存が可能ですが、処方が変わったときや、1年以上経過したときは取り替えるようにしましょう。

 

しけらないように、密閉できる容器やジッパー付きのビニール袋の中に入れておくとよいでしょう。

 

・お薬手帳、処方箋のコピー、薬の説明書

いつも飲んでいる薬がわかれば、災害時に医師の診察の機会があるとき、処方がスムーズにいきます。

 

・インスリン、血糖自己測定機

インスリンは長期の保存ができないため、現在使っているものと予備を忘れないよう持ち出し袋に「インスリン、血糖自己測定機を忘れずに」と書いた紙を貼っておくとよいでしょう。

 

・アルコール綿、インスリン針、穿刺針(せんししん)

インスリン療法をしている人は、インスリン針や穿刺針を使用する際にアルコール綿が必要です。

インスリン針や穿刺針も、2週間分持ち出し、袋に入れておきましょう。

 

・ブドウ糖、あめ

低血糖を起こした時のために、ブドウ糖やあめも多めに入れておきましょう。

 

・マスク、ウェットティッシュ

災害時に風邪をひいてしまうと、血糖コントロールが不良になってしまう可能性が高いです。

できる限りマスクをして、ウェツトティッシュなどで手指の清潔を保ちましょう。

 

・水、非常食

水や非常食は、最低でも1週間分用意しておきましょう。

水は一日2リットル、非常食は保存がきいてすぐに食べられるものを用意しましょう。

 

・消毒薬、カットバン

糖尿病の人は、小さな傷から潰瘍や壊死になりやすいです。

小さな傷でもすぐに対処できるよう、持ち出し袋に入れておきましょう。

 

・その他あると便利なもの

ライト、携帯電話(電池パック)、ホイッスル、ハサミ、靴下、下着、筆記用具など、入れておくと災害時に便利なものも多々あります。

 

災害時に自分に何が必要か予測して準備しましょうね。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/01/27-375734.php?category=265)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖尿病に関する記事

糖尿病検査にかかる費用はいくら?知っておきたい糖尿病検査とその費用!

近年の食生活の欧米化により、日本国内でも糖尿病患者が年々増加しています。生活...


糖尿病の人にピッタリのおやつ・デザートレシピ!オススメお弁当に低糖質のレシピも

糖尿病の人は、なかなかおやつを食べるときも糖分が気になってストレスがたまるも...

カラダノートひろば

糖尿病の関連カテゴリ

糖尿病の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る