カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肝臓がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 女性は特に注意!飲酒と肝臓がんの関係

ガン・悪性腫瘍

女性は特に注意!飲酒と肝臓がんの関係

 

 

「お酒を飲むと肝臓が悪くなる」ということは、一般常識として定着しているようです。しかし、肝臓が悪くなるとは、肝臓がんになるということでしょうか?

現在までにわかっている飲酒と肝臓がんの関係をまとめてみます。

 

飲酒と肝臓がんについての研究

日本国内でも、飲酒と肝臓がんの発生について研究がすすめられています。

現在までにわかっていることは、

・男性では多量飲酒者で肝臓がんの発生率が上がる。

・女性では中等量飲酒者で肝臓がんの発生率が上がる。

 

※多量飲酒者とは?

1日にアルコール69g以上を飲む場合を指します。アルコール69gとは、ビール中ビン3本程度、日本酒3合程度です。

 

※※中等量飲酒者とは?

1日にアルコール23g以上を飲む場合を指します。アルコール23gとは、ビール中ビン1本、日本酒1合、ワイングラス2杯程度です。

 

女性はより低い飲酒量でも肝臓がんになりやすい!!

研究の結果、女性は男性の1/3程度の飲酒量でも、肝臓がんのリスクが高まることがわかっています。

ワインをグラス3杯飲む・・・という女性の方は、意外と多いのではないでしょうか。これを毎日習慣として続けてしまうと、肝臓がんの発生リスクを高めることになります。

 

●飲酒量の目安●

飲酒は1日にアルコール量20g以下が良いと言われています。

アルコール量20gの目安・・・

ビール:中ビン1本強

日本酒:1合弱

焼酎:70ml

ウイスキー(ダブル):60ml

ワイン:グラス2杯弱

 

こうしてみると、意外と少ないなぁ・・・という印象を持たれる方が多いかもしれませんね。

 

休肝日は設けた方が良い?

現在、休肝日の必要性については意見が分かれるところです。大切なのは、1週間のアルコール総摂取量。たくさん飲んでしまった日の翌日・翌々日はお酒を控えることで、1週間の総アルコール摂取量を抑えることができます。

 

昨今は働く女性も増え、仕事のお付き合いやストレスから、飲酒量が増えている方も多くなってきています。飲みすぎにはくれぐれも注意し、肝臓を大切にしましょう。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/03/31-360058.php)

著者: komachiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

アルコールは肝臓がんの原因ではない?B.C型肝炎とアルコールの肝臓がんリスク

  アルコールを多飲すると肝臓がんになる、肝臓がんはアルコールが原因である...

鉄分が原因?!肝炎、肝硬変、肝臓がんから肝臓を守る食べ物について

  貧血の女性には、レバーを食べるようにと栄養学の方がおっしゃっていたのを...


肝臓がんの基本を理解しよう!肝臓がんの特徴

がんというのは、悪性腫瘍ともいいますが、一般論としては遺伝子異常の蓄積によって...

メタボの人は要注意!肝臓がんのリスクを高める病気「非アルコール性脂肪肝炎」

  日本の肝臓がんの原因として最も多いのが「肝炎ウイルス」によるものです。...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る