カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. ケガの予防 >
  5. スキー場でのケガ予防!滑る前の準備を万全にしておこう!

気になる病気・症状

スキー場でのケガ予防!滑る前の準備を万全にしておこう!

 

普段から近くにスキー場があって、雪が常にある環境に住んでいるならスキーやスノーボードに慣れているかもしれませんが、スキーやスノーボードを楽しみに行くという人は慣れないスポーツでケガをしないために、万全の準備をしましょう。

 

 

ケガを予防するためには滑る前にもいろいろな準備、対策をすることが必要です。以下に見てみましょう。

 

*体調を整える

…長い時間車で移動した後にスキーやスノーボードをするという人もいると思いますし、滑る前夜は車中泊をしたという人もいると思います。しかしこうしたことによる疲労や睡眠不足は、その人の判断力や運動能力を低下させます

するとケガの危険が高くなりますので、滑る前の体調は万全にしておきましょう。

 

準備運動をする

…スキーは寒い中で行う全身運動です。動いていればだんだんと温かくなってきますので体も動いてきますが、最初は体も冷えていて筋肉もうまく動きません

そのため準備運動をして体を温めよく体が動くようにしておく必要があります。

 

用具の点検をする

…用具の不備によって起こる事故も多々報告されています。

滑る前に板やボードがきちんと外れるかどうか、ひび割れなどがないかをしっかり確認する必要があります。

 

服装を点検する

…きちんと温かくしておくのも重要ですし、ケガをしたときのことを想定して帽子をかぶることも必要です。

帽子をかぶっているのとかぶっていないのでは転倒して頭をたたきつけられたときや何かがぶつかったときに差がでます。必要であれば特に子どもの場合は帽子ではなくヘルメットをかぶせてあげるとよいですね。

また露出部分をつくらないようにもしましょう。

首やウェアと手袋の間が露出しやすく、それを解消しておくと板やボードが当たってケガをする可能性を減らせます

 

楽しさやかっこよさにばかり目を向けず、自分のためにも他の人にケガをさせないためにも安全面への配慮は忘れないようにしましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/02/08-345297.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガの予防に関する記事

無理なトレーニングは逆効果!適度な休息でスポーツ障害予防を

スポーツ障害は別名「使いすぎ症候群」「オーバーユース」とも呼ばれるように、スポ...

スキー場につきもののケガ!3つの予防策で回避!

  ウインタースポーツといえば、スキーやスノーボードです。 とても楽しいスポーツ...


医療用ではない「着圧ストッキング・スパッツ」には、血流障害の危険性がある?

下肢静脈瘤の治療を目的として開発された、「医療用弾性ストッキング」は非常に強...

こむら返りの状況別予防法&対処法

  突然の激しい痛みにおそわれる「こむら返り」。以下のような状況でおこりやすいと...

カラダノートひろば

ケガの予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る