カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. スキー場の応急手当、基本は"RICE"!"RICE"って何?

気になる病気・症状

スキー場の応急手当、基本は"RICE"!"RICE"って何?

 

スキーやスノーボードでは擦り傷やうちみなどの軽傷も多いですが、スピードがある分、そのままぶつかったり転んだりすると骨折をしたり捻挫を起こしたりする可能性もあります。

 

 

まずは冷静になって移動させる

転倒したり気を失ったりした人を前にすると、気が動転してしまいがちですが、その状態で何かしようとしても逆に二次的な危険をまねく可能性がありますので、まずは冷静になりましょう。

そしてその場所がゲレンデの中であれば、その場所を移動させましょう。

頭を打っていると搬送するときに頭が動いて脊髄損傷をする危険がありますから、二の腕などでしっかり頭をはさみ、首をねじらないようにして動かすべきです。

体の他の場所にケガをしていても、とりあえずは頭を首から上を固定しておくのがよいです。

 

基本はRICE

スキーやスノーボードで多いのが捻挫や打撲、肉離れ、骨折などのケガです。そういったケガの場合には基本的にRICEという応急処置の方法が最適とされています。

 

RICEとは…

Rest:安静…患部を安静に保つ

Iceing:冷却…患部を氷などで冷やす

Compression:圧迫…患部を圧迫して腫れをおさえる

Eievation:拳上…患部を心臓の位置より高くする

これらの処置をするかどうかでその後のケガの回復に大きな違いが出てきます。

ただしこうした対処をすればよいということではなく、軽症のケガであっても、その後病院で診てもらうことが大切です。

また、どうせ病院で診てもらうからと思って、何もしないでよいということでもありません。

 

軽症で本人の状態が大丈夫に思えても、適切に治療を受けなかったために、後々問題が出てくる可能性もありますので油断してはいけません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/02/08-345277.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

スポーツ障害の基礎知識 肉離れは子どもより成人に多い?

  スポーツのケガで「肉離れ」とよく聞きますが、肉離れとはいったい何なのでしょ...

知っておいたほうがいいリハビリテーションのあれこれ。理学療法ってなに?

    怪我や病気によって低下、あるいは失われた機能をより生活に適した形にするリ...


打撲?それとも骨折??骨折による内出血の仕組みと特徴について

内出血を生じるケガのうち、とりわけ重傷なのが骨折です。骨折は、明らかに折れて...

腸脛靭帯炎の治療…スポーツドクターがいる診療科に行ってみませんか?

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)「ランナーズニー」は、スポーツによって長...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る