カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 大腸がんになりやすい人ってどんな人?大腸がんは遺伝する!

ガン・悪性腫瘍

大腸がんになりやすい人ってどんな人?大腸がんは遺伝する!

 

2020年には、胃がん・肺がんを抜いて、死亡率が第1位になると予想されている大腸がん。自分が大腸がんにかかりやすいかどうかを知りたいと思う方も多いと思います。

大腸がんになりやすい人というのはいるのでしょうか?

 

遺伝

55歳以下で大腸がんにかかった家族がいる場合は、リスクが高くなります。

 

年齢

大腸がんが最も多く発生するのは60歳~70歳代の人です。逆に、50歳以下で発病する人は、遺伝的要素を持っていない限りは稀です。

 

がんの既往歴

今までに卵巣がん・子宮がん・乳がんにかかったことのある女性は、大腸がんにかかりやすくなります。

 

特定の病気

家族性大腸腺腫症(FAP)

大腸をすべて切除しない限り、100%大腸がんになります。

 

慢性化した潰瘍性大腸炎や大腸のクローン病

大腸をすべて切除しない限り、25年間で3割程度の人が大腸がんを発症します。

 

喫煙

喫煙習慣は、大腸がんにかかるリスクを上昇させます。

 

食事

食物繊維の摂取が極端に少ない場合は、リスクが上がるとされています。

※肉をよく食べる人と果物・野菜をよく食べる人では、発症率に差がないというデータもあり、まだ肉食との関係は完全に立証されていません。

 

運動 

運動を良くする人は大腸がんになりにくいというデータがあります。逆に、肥満の人は大腸がんの中の結腸がんにかかるリスクが高いとされています。

 

ウイルス

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスは、同様に大腸がんの原因になることがわかっています。

 

以前からよく言われていた、「肉食の人は大腸がんになりやすい。」という点については、まだ研究が進められている段階で、はっきりとした結論は得られていないようです。

自分で出来る努力としては、運動を心がけ、体重を増やさないように気を付けること。そして定期的な検診を受けることが何より大切です。

 

遺伝要因を持っている可能性がある人は、便潜血だけでなく、大腸内視鏡を組み入れた人間ドックを選択することも、早期発見・早期治療のためには有意義だと言えます。

 

(photo by:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.photo-ac/92/92b5a3692b3b2b105ecea5adcb944549_w.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

どうして大腸がんになると痩せるの?大腸がんの症状「体重減少」について

  大腸がんになった際の症状として体重減少が起こります。どのようなことが大...

大腸がんの手術後に控えたほうが良い食品とは?~大腸がんの再発予防~

  大腸がんは初期であれば簡単に腫瘍を切除できます。しかし、簡単だからとい...


大腸がんとアルコールの関係とは?大量飲酒で高まるリスク

自分の好きな時間をお酒とともに楽しんだり、ほろ酔いの状態でコミュニケーション...

乳酸菌は『死菌』でも腸内環境改善効果がある!

  便秘の解消から、癌の予防まで、腸の常在菌である『乳酸菌』は人にとって有...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る