カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. 選び方・切り替えタイミング >
  5. 子どもの服装は大人の服装マイナス1枚で、体を鍛えよう!

育児・子供の病気

子どもの服装は大人の服装マイナス1枚で、体を鍛えよう!

 

 体の小さい赤ちゃんの方が大人より体温が高いため、子育て中のママやパパは赤ちゃんの服装に気を使うと思います。

特に冬は、着せすぎないことと、寒くならないこととの両方の兼ね合いを考えなければならないため、日々の服装に悩むことも多いでしょう。

 

服装は大人の服装マイナス1枚

赤ちゃんの成長具合にもよりますし、環境にもよるのですが、冬は大人が来ている服の枚数より1枚少ないくらい薄着にしてあげる方が子どもにとっては過ごしやすいとされています。

もちろん子どもの方が体温が高いですし、汗もたくさんかきます。その中で厚着をさせてしまうと汗をかきすぎてしまい、逆に体を冷やしてしまうことにもなりかねないのです。

 

 

温かくし過ぎていると…

それでも風邪をひかせたくないからと思って厚着をさせてしまうこともあるかもしれません。しかしいつも温かい格好ばかりしていると、体の反応の発達が鈍くなり、寒い空気に接したときの正しい体の反応が正しく機能しにくくなってしまいます。

すると、本来耐えられる寒さで唇や手足が青くなってしまうと言ったことが起こります。そのため本来の体の調節機能を鍛えるためにもなるべく薄着をする習慣が大切です。

 

 

体を動かして健康にポカポカに

月齢にもよりますし、その子の成長の度合いにもよりますが、冬に体を自分で動かして遊べるようになっているのならば、積極的に体を動かして体を温めましょう。

そうすれば厚着にならずに済みますし、体が丈夫になります。

 

 

できれば秋から薄着の習慣と服の脱ぎ着で、大きな気温の変化に対応する習慣をつけておくと赤ちゃんも薄着の練習になりますし、ママやパパも調整がしやすい服装のチョイスが分かってきますので、冬の前から早めに練習しておくのがよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014430.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・切り替えタイミングに関する記事

赤ちゃんは体が弱いからママより多く着せるべき? 乳児の着せ方の疑問

ママにとって赤ちゃんに衣服を何枚着せるかというのは結構な悩みどころですね。 ...

冬の子育て~薄着で元気いっぱい丈夫な子に育てよう~

親子で過ごす毎日はいかがでしょうか。寒くて今日は、何して過ごそう・・・なんて...

選び方・切り替えタイミングの体験談

かわいい服をたくさん着せたい☆

私は白・黒・ストライプ・ボーダーが好きです。 服もインテリアもほとんどそうです。それに赤とピンクを...

サイズだけじゃない?子供の靴選び。

歩くことが上手になってきて、ファーストシューズを購入していざ公園デビュー! 日に日にどんどん歩ける...

カラダノートひろば

選び方・切り替えタイミングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る