カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 環境・リズム >
  6. 冬の子どもの睡眠時、服の着せすぎ・布団のかけすぎは突然死につながる可能性が!?

育児・子供の病気

冬の子どもの睡眠時、服の着せすぎ・布団のかけすぎは突然死につながる可能性が!?

 

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発で体温が高く、とても汗っかきです。そのためママやパパの感覚ではなく目の前の赤ちゃんの状態に合わせた温度調節が大切です。

 

着せすぎ、かけすぎは…

冬、暖房をつけない睡眠時に赤ちゃんが寒いだろうからと言って、洋服を何枚も着させたり、布団を何枚もかけすぎたりすると赤ちゃんは体温が上がりすぎて不快に感じているかもしれません。

特に自分で着ているものを脱いだり、かかっているものをどかしたりできない赤ちゃんは、過剰に温かくされると体の中に熱がたまることがあります。

そのことで赤ちゃんが高体温になってしまうと、風邪よりももっと怖い可能性を高くしていることになります。

 

突然死の危険が高まる

上記の高体温は乳児突然死症候群のひとつの危険因子であることがわかっています。

乳児突然死症候群でなくなった赤ちゃんには著しい発汗や発熱が認められた例があります。

まだこの原因が体温調節障害によるものなのか着せすぎ、布団のかけ過ぎによるものなのかははっきりとしていませんが、危険因子であることは確かです。

 

なぜ高体温が突然死につながる?

自分で布団から出られない赤ちゃんは、体温が上昇してくると、その上昇を抑えるために体の活動を低下させ、それに対応しようとします。

呼吸数を減らしたり、血圧を下げたりすると考えられているのですが、これが赤ちゃんの突然死につながるとされています。

そのため赤ちゃん頻繁に起きたり、機嫌を悪くしているときはもちろんのこと、やけに静かに寝すぎているときには、汗をかいていないか、体が熱をもっていないかなどを確認した方がよいでしょう。

 

ママやパパの思いやりが赤ちゃんを苦しめる可能性があることを知っておきましょう。思いやり以上に危険性について知っていることが重要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/26-348602.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境・リズムに関する記事

あなたの赤ちゃんは何タイプ?夜泣きの種類・タイプ タイプによって異なる対処法とは?

子育ては苦労の連続と言います。様々な場面で「根気」が必要と言えるでしょう。 中...

気をつけたい夜泣きにひそむ病気…普段の夜泣きと違いがないかチェック!

子育てにおいて必ずおとずれるといってもよい、子どもの「夜泣き」。 夜泣きの...

環境・リズムの体験談

夜間、動く息子。冷え対策

1ヶ月ごろからでしょうか。手足に力が付いてきて器用に布団をはぐようになりました。 この寒いのに・・...

赤ちゃんの生活リズム&昼夜の区別をつけるコツ

新生児の頃は昼夜が関係無い赤ちゃん。そこからどうやって昼夜の区別が付いていったか、どのように寝かしつ...

カラダノートひろば

環境・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る