カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 出産 >
  5. パパに父親の自覚を!立ち会い出産のメリットについて

妊娠・出産

パパに父親の自覚を!立ち会い出産のメリットについて

 

出産はママにとっての一大イベントです。しかし妊娠から出産までを体験して自然に母性が生まれるママと違い、パパには特別なきっかけがないので、急に父親になれと言われても無理なタイプの人もいます。立ち会い出産は、そんなパパと一緒に赤ちゃんが生まれてくるのを経験することで、父性が芽生えるきっかけにもなります。

 

【立ち会い出産の流れ】


立ち会い出産の流れは病院によって違いがあるので、出産を希望している病院にあらかじめ聞いておいた方が良いでしょう。

 

<体験談より>
筆者も立ち会い出産でした。

促進剤での計画的な出産でしたが、陣痛室では旦那さんに腰をさすってもらい、分娩室に移動したあとは、旦那さんは衣・マスク・帽子という完全無菌服に着替えて立ち会いました。

 

また病院の方針により、事前に夫婦でソフロロジー式呼吸法の講義を受けることが条件になっていました。分娩時のビデオやカメラでの撮影は禁止、出産後の抱っこはパパのみ(母親はNG)など、安全のためか比較的厳しいルールが決められていました。筆者はそれでも満足でしたが、出産の様子をビデオに収めたいという人は、撮影OKの病院を選ぶ必要があります。

 

 

【パパの準備】


仕事などで一緒にいられない場合は仕方ありませんが、できる限り陣痛から夫婦ともに乗り越えられるのが理想です。出産間近になったら、いつでも帰れるように仕事を調整してみましょう。

 

いよいよ陣痛が始まったら、病院への連絡、病院までの搬送、荷物運び、入院手続きなど、ママ一人では困難なことを積極的に手伝ってあげて下さい。

 

出産前に入院用の荷物作りや、病院や家族の連絡先を控えるなど、できる準備はしておきましょう。陣痛室では腰のマッサージなど、パパに協力してほしいことも沢山あります。出産までの流れを医師や看護師さんに聞いておくと、いざという時に対処できます。

 

 

~声のかけかたに注意~
ママが陣痛に苦しんでいると、パパもつられて焦ってしまいがちです。しかし何と声をかけて良いか迷って、つい「大丈夫?」「痛い?」と聞いてしまうのはNG。だって痛いに決まってるし、大丈夫なんかじゃありませんから。ともに痛みを乗り越えるつもりで「順調だよ」「赤ちゃんも頑張ってるからね」と優しく接して下さい。

 (photo by //www.ashinari.com/2008/07/07-005199.php

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産に関する記事

産後ママがマタニティブルーになったら…パパはどう接していけばよい?

出産後、ホルモンバランスの急激な変化などの影響で、一時的に情緒不安定になりイライ...

出産間近!病院の陣痛室へ…妊婦さんにパパができる出産準備・陣痛室でのコト

奥さんが臨月に突入すると、いつ出産してもおかしくありません。 では父親とし...

出産の体験談

立ち会い出産◇私より冷静さを失う旦那さん...

私の旦那さんは、何事にも一生懸命に頑張ってくれてすごく優しい人なんですけど!! 一石二鳥どころか三...

立ち会い出産はした方が良い?メリット、デメリットについて

バースプランを決める時の項目として「立ち会い出産」にするかどうというのがあると思います。 昔は立ち...

カラダノートひろば

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る