カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. どうしたら良いの?!新生児多血症! 新生児多血症の原因、そして治療法とは?

育児・子供の病気

どうしたら良いの?!新生児多血症! 新生児多血症の原因、そして治療法とは?

 

出産を終えた後、お子さんの症状や呼吸などを確認し、時として、すぐにNICU(新生児特定集中治療室)に運ばれてしまうお子さんがいます。

 

その原因として、「お子さんは多血症の症状が見られます」と言われた場合に、多血症って何?と思ってしまう方が多いかもしれません。聞き馴染みの無い多血症について調べてみましょう。

 

◆新生児多血症とは?

新生児多血症とは、お腹の中にいる時に、胎盤を通して送られる血液の量が多く、胎児の体内で赤血球や赤血球のヘモグロビンが一時的に多くなってしまう症状です。

 

簡単に説明すると、赤血球が不足してしまう症状が“貧血”、赤血球が正常値よりも多くなり、病的になってしまった状態を“多血症”と言います。

 

◆多血症の特徴は?

通常、胎児は皆、多血であるとされています。これは、胎盤やへその緒からしか酸素を取り入れられないため、酸素が少なく、その分赤血球を増やし、体内に酸素を効率よく運べるようにしています。

 

出生時には、どの赤ちゃんも多血ではあり、数値としては55%~60程が平均です。しかし、中にはこの数値が65%~70と、非常に高い数値になっている新生児がいます。この数値の高さが多血症の特徴です。

 

 

◆原因は?

【胎盤機能不全】

胎盤の機能が正常でないために、胎児が慢性的な低酸素状態になってしまい、自然と赤血球をたくさん作る働きをしてしまいます。

 

妊娠高血圧症候群や、出産予定日を超過してもお腹の中にいる場合などが原因と考えられています。

 

【ダウン症候群】

血液の生産に異常がおきてしまう、ダウン症状をもつ胎児に、この多血症が見られるケースがあります。

 

◆治療法は?

一般的には点滴で血液を薄めるという治療法を行います。しかし、あまりに数値が高く、血液を薄めるだけの点滴では処置が適さない場合には、部分交換輸血を行います。

 

これは、赤ちゃんの体内から血を抜くと同時に、血と同量の生理食塩水を点滴するという治療法です。

 

出生後、赤ちゃんは肺呼吸になり、母体にいた時よりもはるかに沢山の酸素を取り込むことが出来るので、造血異常がみられない限りは、赤血球の生産も制御をされていきます。

 

よって、多血症次第に落ち着いていく症状だと言えます。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2011/07/26-348604.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

脊髄レベルが重要!生まれつき背骨の一部が形成されなかった状態「二分脊椎」のリハビリ

二分脊椎は、生まれつき背骨の一部が形成されなかった状態の事をいいます。背骨の中...

早期に治療したい!乳幼児の「髄膜炎」の対処法・予防法

「髄膜炎(ずいまくえん)」とは脳と脊髄を覆っている髄膜と呼ばれる保護膜が、炎症...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る