カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 安い『ブラジル産鶏肉』は安全?抗生物質の残留検査について・『中国産鶏肉』の危険性とは?

健康診断・健康管理

安い『ブラジル産鶏肉』は安全?抗生物質の残留検査について・『中国産鶏肉』の危険性とは?

外食産業でも多用される『ブラジル産鶏肉』の安全性は?

近年、鳥インフルエンザや中国産鶏肉への農薬混入事件を受けて、消費者の間では国産思考が高まっていると言えますが、現在スーパーなどにはブラジル産鶏肉をよく見かけるようになりました。特売時には100g当たり50円程度と言う安さから、その安全性に対して疑問を持つ人も多いと聞きます。

外食産業などでも中国産鶏肉からブラジル産鶏肉への取り扱いの変更が行われており、その安全性に対しては『日本基準に加えてEU基準も満たすようにしているので安全性は高いと認識している』(すかいらーく)と言われるように比較的安全性は高いと見られています。

しかし実際はどうなのでしょうか?以下では、その詳細についてみて行きたいと思います。

 

ブラジル産鶏肉の、過去の残留基準違反例とは?

ブラジル産鶏肉は、過去に数件の抗生物質残留基準を上回る量が検出されています。

 

◇平成17年7月

東京検疫所にてブラジル産冷凍鶏肉からエンロフロキサシン0.38ppm検出(基準:含有してはならない)

数量:91カートン(1,092.00kg)

⇒全量廃棄または積戻しの措置が行われた。

 

◇平成16年11月

大阪検疫所にてブラジル産冷凍鶏肉よりオキシテトラサイクリン0.3ppm検出(基準:0.2ppm)

数量:2,084カートン(25,5008.00kg)

⇒全量保管

 

エンロフロキサシンとは? 

『エンロフロキサシン』とは、家畜における細菌性呼吸器感染症や消化管感染症など病気の予防薬として用いられる薬で、通常エサや飲水に混ぜて与えたり、治療時の注射という形で使用されるが、その後数日は体内に残留するため、殺する数日前には与えてはいけないという決まりがあります。

この抗生物質は病気を防ぐ以外にも、早く体が大きくなるというメリットから、海外では好んで使用される傾向にあります。(日本においては全飼育期間、抗菌剤等を使用しない鶏が増加してきており、また使用してもその期間が短いところが多く見られる)。

 

以下はエンロフロキサシンの食肉中残留試験と抗生物質の摂取試算量についてです。

 

◆エンロフロキサシンの残留試験

鶏にエンロフロキサシン(50mg/L×5日)を摂取させ、投与後半日~5日の【筋肉、皮、肝臓、腎臓】における残留濃度を試験した。

 

◇筋肉【(投与後日数)0.5日:約0.1~0.006ppm、1日:約0.05~0.013ppm、2日以降:0.01ppm以下】

◇皮【(投与後日数)0.5日:約0.05~0.02ppm、1日:約0.03~0.01ppm、2日以降:0.01ppm以下】

◇肝臓【(投与後日数)0.5日:約0.2~0.15ppm、1日:約0.13~0.06ppm、2日以降:0.01ppm以下】

◇腎臓【(投与後日数)0.5日:約0.148ppm、1日:約0.12ppm、2日以降:0.01ppm以降】 

⇒全ての部位において、2日以降ADI値以下になることを確認。

また、エンロフロキサシン(バイトリル10%液)の休薬期間は、ブラジルでは日本と同じく【7日】である。

 

一日の摂取量当たりの残留量は安全か?

上記の残留値から試算される、一日当たりの摂取量に含まれる抗生物質量はどの程度でしょうか?

 

◆鶏肉に含まれるエンロフロキサシンの国民平均摂取量試算例(体重53.3kg)

◇筋肉【基準値:0.05ppm×食品摂取量:19.76g/日=エンロフロキサシン摂取量:0.988μg】

◇脂肪【基準値:0.05ppm×食品摂取量:19.76g/日=エンロフロキサシン摂取量:0.988μg】

◇肝臓【基準値:0.1ppm×食品摂取量:0.29g/日=エンロフロキサシン摂取量:0.029μg】

◇腎臓【基準値:0.1ppm×食品摂取量:0g/日=エンロフロキサシン摂取量:0μg】

◇食用部分【基準値:0.1ppm×食品摂取量:0.15g/日=エンロフロキサシン摂取量:0.015μg】 

⇒最も残留量の高い【筋肉・脂肪】部位においても、ADI値0.1ppm以下という結果が確認できた。

 

上記のように検査結果においては、抗生物質残留量は鶏肉のどの部位においてもADI値以下となっており、安全性が確認されましたが、問題であるのが行政主導によって行われる【モニタリング検査】が約1割に留まっているという点です。

人員数の関係でこのような規模の検査のみとなっているようですが、その他民間の輸入商社や加工メーカーなどが共同で自主的に検査を行っているようですが、消費者の立場からしてみると不安であり、食品検疫検査を行う食品衛生監視員の増加や、食品衛生法改正などの措置が望まれています。

 

中国産の危険性は『生薬』までも…日本の『和漢』の安全性は?

中国産の生薬には各国から不買の動きが出ている?

昨年(2013年)7月、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オランダ、イタリアの7カ国で『中国産中医薬原料の残留農薬検査』が行われたところ、サンプルの大部分においてEUの基準値を上回る農薬が残留していたことが明らかになったという報告がありました。この結果を受けて、英国では今年度(2014年)4月以降、国内での中医薬(※中国の伝統医薬。日本の漢方薬=和漢とは異なる)の販売が全面禁止されることが決まっています。この事件から、心配されるのが日本の漢方薬への影響です。

 

漢方薬というと、その原材料である生薬は、中国によって専売が行われているように思われますが、近年では中国産食品への不信感から世界各国において不買の動きも出ており、現在の生薬のシェアは日本と韓国により70%程度を占めるとされ(生薬を中国より輸入、国内にて検査・加工)、また日本企業の自社開発により国内生産率も上昇傾向にあると言われています。

検査体制に関しても、日本に輸入される生薬は日本薬局方や輸入会社の自主検査により数百種類の物質において残留農薬検査が行われており、安全性は高いとされています。以下では、検査の詳細について見て行きたいと思います。

 

中国産中医薬の『残留農薬調査』の詳細について

国際環境団体グリーンピースによって、米国など7カ国で『中国産中医薬原料の残留農薬サンプリング調査』が行われた。

 

<対象生薬>

各国において、中国産の生薬7種(中医薬として常用される)【菊花、クコ、金銀花、百合、三七、ナツメ、バラ】を購入して調査。

 

<検出件数>

サンプル36例中、35例で残留農薬が検出(32例に3種類以上の農薬、26例でEUの基準値を超える残留農薬が検出)。

 

<検出された農薬>

カルボフラン、ホレート、トリアゾホスなど(WHOが劇物に指定している)

 

<農薬による毒性とは?>

農薬による慢性中毒は、【集中障害、ホルモン攪乱、生殖機能異常】などの症状が報告されています。

 

日本の『輸入前検査』とはどのようなものか?

生薬の残留農薬検査は、輸入時に行われ、主に1)日本薬局方で定められた基準、2)日本漢方生薬製剤協会で定められた基準に従って行われます。2)に関しては、民間会社が自主的に行う検査であるようで、輸入業者が外部の検査機関に委託して行われることが多いようです。

生薬中の残留農薬は、食品衛生法による規制を受けず、薬事法に基づいた日本薬局方により規制されます。

 

1)日本薬局方基準の残留農薬試験(8種の農薬対象)

【農薬種:有機塩素系】(化学構造中に塩素を含む、脂溶性が高く環境中での分解が起こりにくい)

◆検査対象となる農薬

総 BHC(α-BHC、β-BHC、γ-BHC、δ-BHC)、

総 DDT(p,p’-DDD、p,p’-DDE、o,p’-DDT、p,p’-DDT) 

◇対象生薬

オウギ、オンジ、カンゾウ、ケイヒ、イシン、サンシュユ、センナ、ソヨウ、タイソウ、チンピ、ニンジン、ビワヨワ、ボタンピ

 

2)日本漢方生薬製剤協会基準の残留農薬試験(全230種の農薬対象)

【農薬種:有機塩素系】

◆検査対象となる農薬 

総BHC、総DDT

◇対象生薬製剤

オウギ、オンジ、カンゾウ、ケイヒ、サイシン、サンシュユ、センナ、ソヨウ、タイソウ、チンピ、ニンジン、ビワヨワ、ボタンピを配合する漢方・生薬製剤

 

【農薬種:有機リン系】(コリンエステラーゼを阻害する、環境中での分解は比較的速やか)

◆検査対象となる農薬 

パラチオン、パラチオンメチル、メチダチオン、マラチオン 

◇対象生薬製剤

オンジ、サンシュユ、ソヨウ、チンピを配合する漢方・生薬製剤

 

【農薬種:ピレスロイド系】

◆検査対象となる農薬

 シペルメトリン、フェンバレレート

◇対象生薬製剤

オンジ、タイソウ、ソヨウ、チンピ、ビワヨウを配合する漢方・生薬製剤

 

現在、日本において正規に流通している漢方薬や生薬であれば、安全上問題のない品質が確保されていると言われています。

中国国内で生産・流通しているものについては、残留農薬や西洋薬混入などの問題が依然発生しているので、検疫を受けない個人輸入や販売元が明記されていないインターネット販売での漢方薬購入は避けて、正規に流通しているものを購入することが重要といえます。

 

厳しすぎると話題!?日本が定める輸入含む食品の放射能基準

2011年3月の東日本大震災と福島原発の放射能漏れから放射能に関しては注意してニュースなどを見ているという方も多いかもしれません。

放射能は日本国内だけではなく世界中にあり、食品にも放射能が含まれます。そこで、食品の放射能基準を平成23年に改めました。

 

●以前の20分の1の規制値

放射性セシウムの規制値は、飲料水や乳製品においては1kgあたり200ベクレル、野菜や穀類においては1kgあたり500ベクレルという決まりがありました。

ですが平成24年度から施行された新しい基準では飲料水は1kgあたり10ベクレル、牛乳と乳児用食品は1kgあたり50ベクレル、一般食品は1kgあたり100ベクレルの基準値が決まりました。

平均して、以前に比べると10-20分の1の基準値となり、規制の厳しさで言えば10-20倍になったとも言えます。

これは国産品にも輸入食品にも含まれ、食品一般をこの基準で販売するということになります。

 

●世界的に見ると厳しい基準値

日本が新しく定めだ食品の放射能基準値は世界的に見てみると厳しいと言われています。

アメリカでは1kgあたり1200ベクレル、EUでは1kgあたり1250ベクレルの放射性セシウムという規定があり、日本よりもはるかに規制は弱い状態です。

 

●違いの秘密は『汚染割合』

アメリカと日本の基準が大きく違う背景には汚染割合の違いがあります。

日本は原発事故によって放射能汚染の当事者国となってしまいました。そのことから食品の汚染割合を高く見積もることになったのも事実です。

汚染食品が多ければ人が体内に取り込む放射能も増えるため、1つ1つの食品の基準を厳しくしなければなりません。

放射能汚染の当事者国として知られるベラルーシでは、日本と同じくらいの放射能基準を持っています。

 

日本国内では輸入品および国産品について1kgあたり10-100ベクレルの放射能基準を設けました。

これはアメリカやEUに比べるとはるかに厳しい基準ですが、食品の汚染割合の違いによって基準値の違いが出ています。

 

格安グルメには注意が必要?『中国産鶏肉』の危険性とは?

低価格の外食産業に『中国産食品』が使用されている可能性

『毒入りギョーザ事件』や『メラミン入り粉ミルク』など、中国産食品に関する衝撃的な事件が過去に報道されたことから、スーパーなどに陳列された中国産食品があっても購入しないという方はかなり増加したと言われています。

中国産表示のあるものは購入しないから大丈夫、と思われる一方で、意外と盲点であるのが外食産業において使用される食材です。

 

中国産食品摂取による健康被害が多数報告されているにも関わらず、日本は未だ中国産の食品を多く輸入している状況です。(2012年時点で国内輸入量の約13.7%=国内第二位の輸入量。第一位は米国の19.4%)

『栗、落花生、リンゴ果汁、ニンニク、ネギ、結球キャベツ、タマネギ、人参・カブ、ごぼう、乾燥野菜、ウナギ調整品、ハマグリ』などは、日本国内に輸入される輸入品の約70%以上が中国産であるとされています。外食産業においては、低価格競争のため中国産食品を使用する傾向にあり、消費者は知らず知らずのうちに摂取しているケースも多くあります。

その例のひとつが、昨年問題が発覚した『日本マクドナルド』やその他低価格チェーン店です。

以下では、中国産食品による健康被害例を中心にその対策について考えて行きたいと思います。

 

中国産鶏肉の危険性とは?

中国産の食品に対して問題とされているのは主に、『残留農薬汚染、残留抗生物質・合成抗菌剤汚染、残留ホルモン汚染、重金属汚染、アフラトキシン(カビ毒)汚染、ウイルス汚染、違法食品添加物汚染』であるといわれています。

 

中でも『残留抗生物質』に関しては、過去に中国から輸入された養殖ウナギに発がん性のある『合成抗菌剤マカライトグリーン』が使用されていたことが報告されていました。

また昨年は週刊文春にて、

 

日本マクドナルドが『成長ホルモンと抗生物質を過剰に投与された鶏』を使用していた

 

という事実が新たに掲載されています。

鶏の輸入元は中国河南省の大用食品グループという会社で、成長促進や病気予防を目的として薬剤を使用されたとされています。その詳細は以下になります。

 

<大用食品から納入していたと掲載された企業>

日本マクドナルド、上海ケンタッキーフライドチキン、北京吉野家など

 

<大用食品における鶏飼育状況>

1)抗生物質の量と種類

1日に2回抗生物質をエサに混ぜて投与。耐性が出るのを防ぐため、18種類の抗生物質を常に変更しつつ与えていた。

 

2)抗生物質の残留性

通常、養鶏に対して抗生剤を使用する場合は、食肉中に残留しないよう出荷7日前以降の投与は禁止である。⇒出荷の3日~1日前まで薬を投与されていた。

 

3)鶏のエサに使用される農薬

確定されていないが、鶏のエサであるトウモロコシに、人の神経を侵す『有機塩素』を含む農薬が使用されている可能性がある。

 

4)残留薬剤の検査体制

餌の投与記録が改ざんされ、抗生物質残留量の検査なしで出荷されていたとされている。

 

※各外食企業における問題鶏肉の使用状況

中国支店のKFC(ケンタッキーフライドチキン)は当初、問題鶏肉は廃棄していると回答していたが、上海当局の調査によると、2010年~2011年に仕入れられた鶏肉は19件中8件に、基準を上回る抗生物質が検出された。

 

<納入元は明らかでないが、中国産鶏肉使用である(可能性がある)外食企業>

スターバックス、(週刊文春の質問に回答がなかったとされる企業:ピザーラ、餃子の王将、サイゼリヤ、神戸らんぷ亭、けんなど)

⇒スターバックスでは、中国産鶏肉と共に『シナモン、りんご、鶏肉、レンコン、ごぼう、にんじん』も中国産であるとの回答が寄せられた。

(※中国産にんじん・・・トリアジメノール(殺菌剤)、アセフェート(殺虫剤)などの残留農薬が検出されている。)

 

中国産鶏肉は年間約22万トン輸入されていますが、その半分は外食産業で消費されているといわれています。主な調理例は『唐揚げ、焼き鳥、フライドチキン、チキンナゲット、ミートボール』などですが、安いからといって低価格チェーン店で食べることは『それなりの覚悟がいること』と同誌の文末にコメントされていました。最初にも述べましたが、外食では産地表示されていないので、安い鶏料理がメニューにある場合は注文の前に、一度健康へ影響を再考してみたほうが良さそうです。

 

バナナやうなぎは特に注意?危険な輸入食材とは

輸入食品にしても国産食品にしてもこの食品は絶対に危険とすぐにわかる食品はありません。

例えばある野菜から規定量以上の農薬が検出されたとしてもその野菜がすべて危険ということにはならないのです。

輸入食品についてもそれは同じでこの国のものだから安全、危険とはなりません。

それを踏まえたうえで厚生労働省が過去に発表した農薬残留食材の例をいくつか見ていきます。

 

●うなぎからマラカイトグリーン発見

日本人にとっては馴染み深い魚のひとつがうなぎです。土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣を持っている方も多いと思います。

そんなうなぎですが、中国産養殖ウナギからマラカイトグリーンという抗菌剤が発見されました。

マラカイトグリーンは合成色素の一種で、観賞魚の治療などには使ってもよいのですが食品には使ってはいけません。

うなぎはその8割が輸入に頼っているというのが特徴で、国産を選ぶのが難しい状況です。

 

●果物から猛毒が出てきた!

アメリカ産、チリ産、フィリピン産のオレンジやバナナから検出されたのがクロルピリホスという農薬です。2002-2005年の調査では検出頻度の高い農薬第2位で、肺がんとの関係性も指摘されています。

クロルピリホスの大量摂取によって頭痛や衰弱、けいれん、最終的には死亡の可能性もあります。

 

輸入食品で絶対に危険な食品というのはありません。最終的には生産者、製造者に安全性がかかっていると言えるからです。

過去に厚生労働省が発表した農薬残留食材の一例としてはうなぎ、イチゴ、レモン、オレンジ、バナナなどがあります。

定期的に厚生労働省の農薬残留食材及び食品衛生法違反の食品をホームページ上でチェックしてみると、該当商品がすぐにわかります。

 

(photoby:http://pixabay.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

朝の食事が脳のエネルギーを補給する!?朝食が与える脳への影響

    軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策! 牛乳を飲むと、なぜかお腹...

栄養ドリンクやジュースで元気になる?その中身とは?効果を最大限に得るための飲み方

栄養ドリンクは、「何となく疲れたときに」飲む人もいると思いますが、体の吸収を...


気をつけたい夏のお弁当!殺菌作用のある食材でできる、ごはんとおかずの工夫とは?

夏には食中毒、冬にはウイルス性胃腸炎の流行、一年を通して胃腸炎にかかる可能性...

疲労・肝疾患回復に☆鶏ムネ肉とパプリカの醤油マヨ炒め! 食欲不振や夏バテ防止に効果のある食材を使ったレシピいろいろ

鶏ムネ肉は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収率が95%の低脂肪、高栄養の...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

食事の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る