カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. 多血症と診断された場合、何を食べたら良いの?私生活の中で出来る対処法

気になる病気・症状

多血症と診断された場合、何を食べたら良いの?私生活の中で出来る対処法

 

中高年の男性が、人間ドックなどへ行った際に“多血症”と診断されてしまう方がいます。この多血症とは一体どんな症状なのでしょうか?

また、毎日の食生活の中で、気をつけることはどんなことなのでしょうか?

 

 

◆多血症とは?

体内の血液(赤血球や血小板などの数値も含め)が全体的に沢山作られすぎてしまうという病気です。血液が不足することで起こる症状が貧血なので、その逆だと思ってもらえると解りやすいかもしれません。

 

◆食事で気をつけることとは?

出来るだけ鉄分を多く含むような物は避け、健康な食事を心がけましょう。揚げ物や栄養の偏った食事などは禁止です。また、お水を毎日しっかり飲むようにしましょう

 

【OKな物】

野菜

鶏肉(特にささみ)

果物

水など

 

【NGな物】

脂が多い肉

揚げ物

ビール

ジュースなど

 

◆私生活の中で出来る対処法とは?

多血症は食生活だけでは、完全に治すことが難しい病気です。「食事だけ気をつけていれば大丈夫」だと安易に思わず、医師にしっかり診てもらうようにしましょう。

 

その時のヘモグロビンやヘトマクリットの数値などによって、瀉血(血を抜く治療)が必要か、食事療法で大丈夫かなどの判断をしてもらいましょう。

 

◆とにかく水分を!

水分は出来るだけ沢山摂取しましょう。それも、利尿作用のあるコーヒーや紅茶などではなく純粋の水が好ましいです。水でない場合にはお茶でも構いませんが、一番良いのは水です。

 

多血症を発症する患者さんの中には、脱水症状を起こしている方も少なくありません。水分の不足が、多血症を引き起こすと考えられることも。血液濃度を改善させるためにも水分は必要不可欠です。

 

◆タバコは禁止!

多血症は、血栓のリスクが高い状態にあります。喫煙をすることで、血栓のリスクをわざわざ上げてしまうようなことはしないようにしましょう。

 

タバコは健康に害を及ぼすだけの、毒物です。吸ってて、良いことなど1つもありません。すぐに禁煙をしましょう。

 

血液を生産するような作用のある食材や食事は出来るだけ控えて、血液濃度を薄めるために水分を沢山摂る!これが、自分で出来る食事での治療かもしれません。

 

しかし、とにかく自分ひとりでの素人判断では、症状が悪化してしまうこともあるので、医師と相談し、自身の症状に合った対処法を医師と見つけていきましょう

 

(photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349552.php?category=279 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

どんな原因があるの?多血症の疑問、徹底公開!

  血液中の赤血球数が異常に多いことで診断される“多血症”。 これは、文...

瀉血・抗がん剤…多血症の治療方法って?

  血液は赤血球や白血球、血漿や血小板といった成分から構成されています。 こ...


遺伝子異常によって生じる真性多血症の治療法…"瀉血"ってどんな治療法?

  赤血球が異常に増えてしまう疾患に、多血症という疾患があります。多血症が生じ...

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る