カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. 今日から出来る!多血症の食事改善法とは?

気になる病気・症状

今日から出来る!多血症の食事改善法とは?

 

 

血液が沢山作られ過ぎてしまい、血栓などのリスクを高めてしまう症状に【多血症】という症状があります。

これは、血を抜いてしまう瀉血(しゃけつ)という治療法が一般的な方法としてもちいられるのですが、自宅では、どのような対処が出来るのでしょうか?

今日から出来る食事での改善法をお伝えします。

 

◆食事の際にはお水を!!

コーヒーや紅茶を好み、毎日飲むという方は多いかと思います。食事の際にも、お茶や牛乳などの生活が多いかもしれません。

 

しかし、血液の濃度を薄めるためにも、食事中、そして、出来るだけ日常に“お水”を飲む生活を取り入れていきましょう。まずは、食事中に飲む飲料を“お水”にすることを改善してみてください。

 

◆食べる順番に気をつけよう

誰でも、食事の際には、自分の好みの物から食べたいと思ってしまいます。食卓に揚げ物が並べば自然と、箸は揚げ物を掴みますし、塩分の高いものを好んだり、わざわざ味が付いているにも関わらず醤油・塩をかけるなど、ついついしてしまう行動です。

 

しかし、これらは禁物!まずは、野菜から食べるようにし、できるだけ、しっかり噛むようにしましょう。

 

沢山噛むことで、満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいだと感じるのも早くなります。健康に良い物、血液をサラサラにするような食材から先に食べて、胃を埋めていきましょう。

 

◆鉄分が豊富な物は避ける!

多血症の場合には、血が沢山できることが問題なので、造血する作用がある食材はできるだけ避けるようにしましょう。そう考えると、鉄分を多く含む食材は自然と、食べない方が良いということになります。

 

もちろん、栄養のバランスも考えて、全てが全て避けることは出来ませんが、意識を持つことが大切です。

 

◆造血の作用がある食材とは?

・ほうれんそう

・卵

・牛肉

・しじみ

・レバー

・プレーン

・海藻などなど・・・

 

食事は毎日の生活に欠かすことが出来ないものです。この食事を意識するだけでも、体調の改善や、症状の緩和に繋がります。

 

しかし、多血症は、造血細胞が血液にある以上、起こり続ける症状ですので、少し食事改善を行ったからといって、症状が治るというわけではありません。

 

あくまで、自宅で出来るセルフケアであることを理解し、毎日の生活に取り入れてください。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2010/04/02-035496.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

中高年男性に多い?!真性多血症、別名“赤血病”の治療法は様々あります

    “白血病”という病名は聞き馴染みのある病名かと思います。しかし、中高...

原因別、多血症の治療方法!どんな原因で多血症に…?

  血液の病気のひとつに多血症という病気があります。 多血症は読んで字のごと...


相対的多血症、続発性多血症、真性多血症…多血症の原因はそれぞれこんなに違う!

 貧血はよく知られている病気ですが、その逆の症状が起こる病気に多血症という病気...

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る