カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. どんな原因があるの?多血症の疑問、徹底公開!

気になる病気・症状

どんな原因があるの?多血症の疑問、徹底公開!

 

血液中の赤血球数が異常に多いことで診断される“多血症”。

これは、文字の通り、血が多く作られてしまうことで発症してしまう症状なのですが、この多血症とは、一体何が原因で起こってしまうのでしょうか?

 

 

◆喫煙が原因?!

タバコに含まれる一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結合してしまうので、ヘモグロビンが酸素を運ぶ役割を邪魔してしまいます。

 

喫煙をすることで、慢性的な肺の疾患を患ってしまった場合にも、同様のことが言えますが、酸素が血液中・体内に十分にいきわたらないとなれば、自然と赤血球も増えてしまいます。そのため多血症を引き起こすと考えられます。

 

◆血液の腫瘍性の病気!

血液がガンのように増殖していくことで多血症を発症する病気です。この場合、赤血球だけでなく白血球や血小板の数値も上がることや、骨髄染色体の異常が確認できるなども特徴です。一度医師へ見てもらう必要があります。

 

◆ストレスが原因!

ストレスを感じることで、分泌されるホルモンが、血管を収縮させてしまうことが原因だと考えられています。この場合、入院や自宅安静などの対処をすることでストレスから開放され、症状が良くなるというケースもあります。

 

◆食事や運動が原因にも!

脂っこい食事が好きだったり、偏った食生活であったり、血液をドロドロにするような食事ばかりしている方は、たいへん危険です。そこに飲酒や喫煙が混じってくると、更に命の危険が及んでしまいます。

 

ほかにも、運動をあまりしない人には、体内へ送る酸素が不十分になってしまい、赤血球を増やすという結果に。運動をする場合には、息が上がり過ぎない程度の有酸素運動を、毎日継続して行うことが大切です。

 

沢山の酸素を体内に送り、水分をしっかりとることで、多血症が緩和されます。

 

多血症は、様々な原因が考えられます。原因を突き止めて、対処を行う必要がありますが、その原因が何なのかを追及しなければなりません。一度、赤血球の数値などを調べてもらうためにも、病院へ受診してみましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2012/07/30-366283.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

軽視されがちな多血症の症状…放置すると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが!?

  多血症とは血液中の赤血球数が増加する病気です。 多血症には血液の中の液体成分...

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...


今日から出来る!多血症の食事改善法とは?

    血液が沢山作られ過ぎてしまい、血栓などのリスクを高めてしまう症状...

瀉血・抗がん剤…多血症の治療方法って?

  血液は赤血球や白血球、血漿や血小板といった成分から構成されています。 こ...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る