カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 多血症 >
  5. 多血症はどんな症状が起こる?眩暈や吐き気、動悸、耳鳴り…症状を緩和させるには?

気になる病気・症状

多血症はどんな症状が起こる?眩暈や吐き気、動悸、耳鳴り…症状を緩和させるには?

命の危険を及ぼす可能性のある病気の1つに“多血症”というものがあります。この多血症は、どんな症状を引き起こすのでしょうか?症状についてみてみましょう。

 

◆主にみられる症状とは?

多血症は、眩暈や吐き気、動悸、耳鳴りなどを発症させてしまいます。その他にも、顔に赤みが出たり、鼻血や、歯茎からの出血がみられることもあります。

 

◆症状を緩和させるためには?

一番は病院ですぐに治療を行うことです。そして、治療だけでなく、日々の生活の中でも、症状を起こさないように最善の注意をはらう必要があります。

 

◆対処法は?

多血症の症状を感じてしまった場合に、出来る対処法とはどんなことがあるでしょうか。

 

・鼻や口を冷やさない!

外出する際に、鼻や口は、マフラーなどをつかって冷やさないように心がけましょう。体が冷えてしまうことも良くありませんが、鼻などが冷えてしまうと、鼻の中の血管が切れてしまい頻繁に鼻血が出てしまいます。

 

・寒暖の差を感じないように工夫する

寒い場所と暖かい場所の行き来は、血管にとってとても負荷のかかる行動です。お風呂などでも同様のことが言えますが、寒暖の差を感じないように心がけ、血管の収縮を著しく刺激しないようにしましょう。

 

・ストレスを感じないようにする

ストレスによる緊張状態は、血液にとって圧迫されてしまうような状況になるので、ストレスは禁物です。ストレスを感じないようにするためには、ストレスに強い脳を作ることがポイントになります。

 

・禁煙する

動悸もそうですが、喫煙することで肺機能や血管に様々な障害を起してしまいます。喫煙者の方は、とにかく禁煙をする目標をたて、自分自身での禁煙が難しいのであれば、病院で禁煙のプログラムをおこなうなどしてみましょう。

 

多血症を発症してしまう方の中には、上記で述べた症状以外の症状を感じることもあるかもしれません。その症状に全く気が付かない、気にしないという方もいるかもしれません。

 

多血症は、引き起こすべき大きな病気が原因となっているケースもありますが、日常的な生活習慣や仕事での環境も大きく関わってきますので、体に異常がみられた場合には放置をせず、受診をしてください。

(Photo by 足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

多血症の種類別!原因を追究!!

  血液が様々な原因によって増えてしまい、問題を起す“多血症”という症状を...

原因によって重症度も大きく違う!多血症を生じる原因疾患って?

  血中の赤血球が異常に増える多血症という疾患があります。この多血症は一つの疾...


多血症で死にいたる!?突然死の可能性を減らすためには?

  血液がドロドロというと、日頃の不摂生の結果としての症状というイメージが強く...

多血症でヘモグロビン過剰…だからといって鉄分を抜くのは間違い!

多血症とは血中の赤血球が増加したり、血中の血漿成分が減少して赤血球が増えたよう...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る