カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. ヘモグロビン >
  6. どうやって増やすの?!ヘモグロビンを増やす方法とは?

健康診断・健康管理

どうやって増やすの?!ヘモグロビンを増やす方法とは?

 

血液中に存在するヘモグロビン!このヘモグロビンを増やすためには、どんなことが効果的だと言えるのでしょうか??ヘモグロビンを増やすための方法をまとめてみました。

 

◆食事改善や、おやつの見直しから☆

ヘモグロビンを増やすために、必要な食生活を心がけてみましょう。どんなものを食べると良いかというと、貧血症状を起こしたときと同様で、レバー・プレーン・シジミなどが効果的です。おやつには、ヨーグルトにプレーンを入れたり、乳製品などにするとGOOD!

 

◆サプリメントで補う!

食事からではなかなか難しい、でも確実にヘモグロビンを増やしたい!そんな時には、サプリメントを活用しましょう。

サプリメントで、効果的だと思える栄養素は、鉄分や葉酸です。これらの栄養素は血液を増やすために必要な栄養です。

 

鉄分もそうですが、葉酸は特に、加熱調理によって減少してしまいます。食材から栄養素を摂ろうとすると、なかなか思うほど十分に摂取できないということも悩みの種。解決策として、効果的なものはサプリメントです。

 

◆有酸素運動を!

食事やサプリメント以外の方法としては、有酸素運動を行うことが効果的だとされています。有酸素運動を行うことで、体の中に沢山の酸素が取り入れられ、赤血球中にあるヘモグロビンと結合し、酸素の運搬機能をアップさせます。

 

しかし、この有酸素運動は、息が上がってしまうほどの激しい運動では意味がありませんし、中高年には負担の大きい運動となりますので、自分の体調に合わせて、絶対に無理のない範囲で行いましょう。

 

貧血気味だと感じた場合には、水分をしっかりとり、沢山の酸素を取り入れられるような運動をし、食事を見直す!

これで、貧血の症状は緩和されると思われます。

しかし、あまりヘモグロビン(赤血球)を増やしすぎても、今度は多血症を引き起こしかねないので、何事も適度が肝心です。

 

コーヒーやお茶に含まれるタンニンには、鉄分の吸収を阻止する働きがあるので、コーヒーやお茶などは、食事の際に一緒に摂取しないようにしましょう

 

(photo by: //www.ashinari.com/2010/08/28-340442.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘモグロビンに関する記事

酸素飽和度が低いと一体どんな病気が疑われるの?

  酸素飽和度は血液内にある赤血球のうち、酸素と結合している赤血球の割合です。...

検査値を知ろう!赤血球数・ヘモグロビン量・ヘマトクリット値

赤血球数・ヘモグロビン量・ヘマトクリット値。 これらの3要素は全血球計算と...


日本発の小型計測器!酸素飽和度モニターってどんなもの?何が分かるの?

  呼吸器の問題を調べる検査の一つが酸素飽和度モニター検査で、夜間のみもしくは...

ヘモグロビンを増やすために!オススメな有酸素運動とは?

  ヘモグロビンを増やすために、有酸素運動が効果的だとされていますが、有酸...

カラダノートひろば

ヘモグロビンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る