カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 基礎知識 >
  4. セロトニン・メラトニン(睡眠ホルモン)と睡眠障害の関係

不眠・睡眠障害

セロトニン・メラトニン(睡眠ホルモン)と睡眠障害の関係

 

睡眠障害と関係のある物質が、セロトニンメラトニンという脳内物質です。
睡眠障害の方には、セロトニン・メラトニンが足りていなかったりメラトニンの分泌パターンが乱れている方が多いです。


●メラトニンとは


メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれている物質で、通常は夜の2時に最も盛んに分泌されます。
睡眠のゴールデンタイムと呼ばれているのは夜10時から2時の間ですが、メラトニンはこの少し前の8時から9時頃から分泌されます。
研究によって、メラトニンの分泌は起床後15時間くらいで始まるとわかりました。
起床後とは太陽の光を目で感じてからです。
強制的に光を浴びせ睡眠障害を治療する光療法の効果も、メラトニンとの関係で説明できます。
光療法で朝に光を目に取り入れれば、自然と夜9時、10時くらいにはメラトニンが出て眠くなります


●セロトニンとは


セロトニンも、メラトニンと同じように睡眠を支えている物質です。
イライラを抑える物質とも言われているセロトニンは、精神疾患との関係も深いです。
セロトニンがきちんと分泌されていると怒りを感じにくく心が落ち着くので、そのまま質の良い眠りにつくことも可能です。


●セロトニン・メラトニンを増やす


セロトニン・メラトニンはすぐに増やせるものではありませんが、生活習慣を根気よく改善したり、食事に気を付けることである程度増やすことができます。
メラトニンを増やす食べ物にはケールがあります。
セロトニンを増やすには、トリプトファンを含む牛乳がおすすめです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/10/23-372028.php)

著者: momoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

寝ている間に見る夢の正体は?

寝ている間に面白い夢を見た、怖い夢を見たという経験は多くの人にあります。夢の正...

夜更かし・朝寝坊を意欲の低下と判断する前に知っておきたい病気!

多少なりとも、睡眠障害を経験した方は、昼間の眠気や朝寝坊を「やるきがない・緊張...


眠りと夢の関係

  一時期、夢占いに凝ったことがあります。まったくもって非科学的なものかという...

交代勤務による時差ボケの解消は仮眠の活用を!

交代勤務や夜勤をする人の多くは、一時的な強い眠気や眠れない、休んだ気がしないな...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る