カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. 辛い貧血症状!ヘモグロビンが足りない?!貧血症状を解消には?

気になる病気・症状

辛い貧血症状!ヘモグロビンが足りない?!貧血症状を解消には?

 

なんだか、体が重たい・元気がない・すぐに息切れをしてしまう・立ちくらみをよくする・・・など、貧血の症状にお悩みの方はいませんか?

貧血を改善するためには、ヘモグロビンが必要です!!貧血とヘモグロビンの関係性について調べてみましょう!

 

 

◆ヘモグロビンが不足するとどうなる?

ヘモグロビンは、血液中の酸素と結合して、体中に酸素を運搬する役割を果たすのですが、ヘモグロビンが不足してしまうと、酸素を運んでくれる役割を十分に果たせないため、体は酸素不足になってしまいます。

 

酸素不足になると、筋力のエネルギーが不足してしまったり、眩暈・頭痛・吐き気などの症状を引き起こしてしまいます。また、動悸がしたり、体全体に疲労感がたまり、疲れが抜けにくくなります。

 

◆貧血症状を解消させるためには?

ヘモグロビンが不足すると貧血が起こるという原理が解っていただいたところで・・・貧血症状を解消させるためには、どうしたら良いかというと、逆にヘモグロビンを増やすように努力をすれば、貧血症状が改善されていきます。

 

そのために有効な手段は、とにかく食事改善です!食事を見直し、鉄分・葉酸を中心的にバランスよく食事を行うことが大切です。

 

◆食事を気をつけても改善されない・・・

食事を改善し、サプリメントなどを積極的に摂取し、出来るだけのことはやっているのに、貧血の症状が改善されない!そんな方には、“貧血”のような症状であっても、全く違う“病気”が潜んでいるかもしれません。一度病院で検査を行うことをオススメします。

 

女性と男性は、必要となるヘモグロビンの量に差があります。女性は、月経や出産などがあるため、男性よりも日頃からヘモグロビンを多く保つための食生活が必要とされます。

 

毎月の月経などで体内から鉄分を失うタイミングがコンスタントにやってくる女性の場合、それだけ濃度の低いサラサラな血液となっています。

 

そのため、女性には冷え性も多くみられます。冷えはどんな病気にとっても大敵です。冷えの予防もしっかり行いましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/10/29-037034.php?category=317 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

生まれつき赤血球が壊れやすい!?先天性溶血性貧血の検査と診断

  先天性溶血性貧血とは、生まれつき赤血球の膜や酵素、ヘモグロビンなどに異...

これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

立ち上がった時に目の前が真っ暗になりフラッとしてしまう・ふとした時に視界がおか...


遺伝性球状赤血球症とは

     遺伝性球状赤血球症とは、先天的な赤血球膜の異常によって赤血球が球状...

直接クームス試験など「自己免疫性溶血性貧血」の検査

  自己免疫性溶血性貧血と診断されるまでには、さまざまな検査が実施されます...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る