カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. ALT(GPT) >
  6. ASTとALTを下げるためには…断酒、運動不足改善、ハイカロリーな食事をしない!

健康診断・健康管理

ASTとALTを下げるためには…断酒、運動不足改善、ハイカロリーな食事をしない!

 

なんだか肝臓に違和感があるな・・・会社の健康診断や人間ドックで中性脂肪やコレステロール値、尿酸値・・・基準値よりも高いな、とイエローカードが出てしまった方!!

 

そのままの生活を続けていては、とても恐ろしい病気を招いてしまう結果になりかねません。

ASTとALT下げる方法を考えてみませんか?

 

◆そもそもASTとALTとは??

ASTALTとは、主に肝臓に存在する【酵素】のことを示します。

肝臓には、肝細胞や肝管細胞に接するように血管が張り巡らされています。

よって、肝細胞や肝管細胞などに問題が生じると、血液中に問題となる物質が混じってしまうので、採血をすることによって、ASTALTの数値を知り、比較し、体のどこが悪いのか推測することが出来ます。

 

【AST】正式にはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼと言い、このASTは、人間の体の組織内に広く分布しているのですが、その大半は“肝臓(肝細胞)”“心臓(心筋)”、“骨格筋”に多く分布されています。以前まではASTではなく、GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。

 

【ALT】正式にはアラニンアミノトランスフェラーゼと言い、このALTは、人間の体の組織内の主に、肝臓(肝細胞)に分布されています。以前まではGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。

 

◆AST・ALT血液検査を行う場合にはどんなケースがある?

ASTやALTとは、普段聞き馴染みがない言葉ですし、実際に聞いたとしても、なぜこのAST・ALTの数値を知る必要があるの?何がキッカケでこの数値を知ろうと思うの?と疑問になるかもしれません。

 

AST・ALTの数値を知るために行う血液検査としては、急性肝炎肝硬変などの肝機能に関わる疾患の可能性や疑いがある場合や、既に肝機能障害を発症していて治療中の患者さんの治療経過を確認するために行う場合などが挙げられます。

 

その他にも、心筋梗塞自己免疫性疾患などの可能性・疑いを調べるためにも、このAST・ALTの数値はポイントとなります。

 

◆ASTやALTの正常値(基準値)とは?

AST(IU/I)が8以下、ALT(IU/I)が3以下・・・・・・・低下が認められる

AST(IU/I)が9~32、ALT(IU/I)が4~37・・・・・・★★正常値(基準値)★★

AST(IU/I)が33~69、ALT(IU/I)が38~89・・・・・・・上昇が認められる範囲

AST(IU/I)が70以上、ALT(IU/I)が90以上・・・・・・要注意、危険性が高い範囲

※「上昇が認められる範囲」や「要注意、危険性が高い範囲」に当てはまる場合には、肝機能障害(肝臓脂肪・急性肝炎・慢性肝炎・肝臓がん等)を発症している可能性があります。

 

◆ASTやALTの数値を下げるためにはどうしたら良い?

ASTやALTの数値が高いと、様々な問題が起きてしまうリスクが高くなります。

数値を下げるためには以下のような方法があります。

・アルコールの摂取量を減らすことや、断酒

・運動不足を改善させる

・ハイカロリーな食事をしない

・肥満体質の方は、肥満を解消させる

・肝臓系に良いとされるサプリメントなどを飲む

 

中高年代の男性は、会社の付き合いや、晩酌などで毎日のように飲酒をされる方がいますが、飲酒することで体内には有毒物質が蓄積していき、肝細胞などを硬くさせてしまいます。肝臓で処理できるアルコールの量は人それぞれに決まっています。

 

処理できるアルコール分以上の飲酒をすれば、それだけ肝臓には負担になり続けます。お酒の飲む量は自分で考えてのみましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/05/25-378691.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ALT(GPT)に関する記事

肝機能を守る!肝機能を調べる健康診断の項目「GPT」の値を正常に戻す飲酒の方法

  GPTは肝機能を調べる健康診断の項目です。GPT、GOTがありますが、...

驚きの数値!ALTの数値が高い場合にはどうしたら良い?!

  血液検査や健康診断などで採血をし、検査結果が送られてきてビックリ! ...


ASTとALTと肝臓疾患の関係とは?

  肝臓はときどき負担がかかるくらいであれば自分で回復させることができる臓器で...

肝臓疾患のマーカー『AST/ALT/LDH』や『アルブミン/血小板』の意味って?

肝臓には『逸脱酵素(ALT・AST・LDH)』と呼ばれる、肝細胞の損傷によって...

カラダノートひろば

ALT(GPT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る