カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. ALT(GPT) >
  6. 肝臓・腎臓・膵臓の異常を見つける数値!ASTとALTって何が違うの?

健康診断・健康管理

肝臓・腎臓・膵臓の異常を見つける数値!ASTとALTって何が違うの?

 

肝臓にトラブルを感じた場合、血液検査でその異常を特定することが出来ます。「よし!では血液検査を行おう!人間ドックへ行ってみよう!」と、いざ検査をし、検査結果を受け取っても、何がどんな数値を示しているのか、どの部分が肝臓に関係しているのか、解らない方は多いかと思います。

とくに注意をして欲しい数値にASTALTがありますが、この2つについて調べてみましょう。

 

 

◆ASTとALTの違いとは?

ASTとALTは、どちらも、肝臓に存在する酵素だとされています。酵素ということには違いがありませんが、ASTは正式には「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」と言い、肝臓だけでなく心臓などの他の臓器にも存在します。

 

一方、ALTは正式には「アラニンアミノトランスフェラーゼ」と言い、肝細胞に存在します。

 

◆ASTとALTが示す数値とは?

ASTとALTが示す数値は、肝臓に関する数値です。数値が基準値より低ければ、また基準値内であれば、肝臓には問題がないと言えます。かといって、安心は禁物ですが、ひとまず、治療などを行う必要は無いといえるでしょう。

 

しかし、基準値以上であった場合には、精密検査が必要になります。精密検査を行うことで、肝臓に関する病気を発見することが出来ます。発見した病気によっては、早急に治療を開始しなければならないものなどもあります。

 

◆ASTとALTの他にも、ガンマ(GTP)の項目に要注意!!

ASTとALTが正常値であれば、肝臓に関しては安心できるかもしれませんが、その場合、合わせてチェックをしていただきたい項目があります。それが【GTP】という項目です。GTPの数値が関係してしまう臓器は肝臓・膵臓・腎臓があります。

 

ASTやALT、GTPの数値全てが高いのであれば、肝臓や胆道に問題が生じている可能性が高いのですが、ASTやALTは正常値であって、GTPという数値だけが高い場合には、肝臓ではなく、膵臓に問題が生じている可能性があります。

 

腎臓に関しては、何か問題が起こっていても、ガンマ(GTP)の数値に影響することは稀なので、考えにくいです。

 

 

ASTとALTの数値にあわせ、GTPの数値をチェックすることで、肝臓・腎臓・膵臓の異常を感じ取ることができるかもしれません。

 

しかし、感じ取った異変が、実際にどんな病気なのか、どれほどの危険性があるのかなどは、具体的な検査をおこなわなければ、解りません。ひとまず、数値が高いなと感じたら、病院を受診してみましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349526.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ALT(GPT)に関する記事

低すぎるのも危険?!ALTの数値が低いことから起こる問題とは?

健康診断などを行った後で、検査結果を見て「異常なし」と記載されてホッとされて...

驚きの数値!ALTの数値が高い場合にはどうしたら良い?!

  血液検査や健康診断などで採血をし、検査結果が送られてきてビックリ! ...


AST・ALTの数値が高い場合に考えられる疾患・病気って?

    健康診断や人間ドックによる診断でもらう結果データをもとに、発見できる...

健康診断でAST・ALTの数値が高かった…肝臓にいい●●を食べて下げよう

  AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーセ)、ALT(アラニンアミノト...

カラダノートひろば

ALT(GPT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る