カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. かゆみ >
  5. 2回目の妊娠に多い症状…全身に「かゆみ」が起きる原因は○○だった!

妊娠・出産

2回目の妊娠に多い症状…全身に「かゆみ」が起きる原因は○○だった!

1度目の妊娠で経験する方もいますが、2回目以降の妊娠時に多いとされる症状があります。それは強い「かゆみ」を伴う「妊娠性痒疹」という病気です。人によって症状は差はありますが、ひどい方だと夜も眠れないくらいのかゆみが出ることも。

今回はこの「かゆみ」の原因「妊娠性痒疹」について紹介します。

   

妊娠中の「かゆみ」は「妊娠性痒疹」の可能性

妊娠中に突如発生する、強い「かゆみ」と全身に赤い湿疹。これは「妊娠性痒疹」といわれ、妊婦特有の病気とされています。

  

「妊娠性痒疹」の症状

お腹周りに湿疹ができるケースが多いようですが、体の至るところに「かゆみ」を伴う湿疹が現れます。

赤みを帯びて腫れあがっていたり、局所に小さくぷつぷつとできたり、じんましんのように手足などから徐々に全身に広がっていったりと、湿疹の出かたはさまざま。しかし、じんましんとは異なり、「妊娠性痒疹」は出産するまで症状が続きます。

 

「かゆみ」がひどくなると、肌に炎症が起きてしまったり、かゆくて夜に眠れなくなることも。「妊娠性痒疹」は2人目の妊娠以降で起きやすく、一度発症すると次の妊娠でも発症しやすくなるといわれています。

 

「妊娠性痒疹」の原因

 一般的には、血液中にある免疫が皮膚近くのタンパク質と反応して、発症すると考えられています。

しかし、現段階では「妊娠性痒疹」の原因ははっきりと解明されていません。また、妊娠時特有症状のため、妊娠による女性ホルモンや身体の変化の影響を受けて免疫反応が出ている、とも考えられています。

 

「妊娠性痒疹」でない可能性も

妊娠中に「かゆみ」が出ても「妊娠性痒疹」ではないケースもあります。

 

一時的なホルモンバランスの崩れ

軽度な「かゆみ」の場合は、一時的なホルモンバランスの崩れによるものが考えられます。こういったケースは、月経前に起こる肌荒れと原因は同じです。

月経前の肌荒れやむくみの原因はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌によって引き起こされます。そしてこのプロゲステロンは、妊娠を維持するために非常に重要な役割を持っているホルモン。そのため、妊娠初期に分泌が多くなるこのホルモンの影響を強く受け、「かゆみ」を発症することもあるようです。

 

妊娠性皮膚掻痒症

妊娠性皮膚掻痒症とは全身がムズムズしたり、チクチクと刺されるような、「かゆみ」がある妊娠中特有の病気です。しかし、それ以外には特に異常なく、妊娠性痒疹のように発疹が出ることはありません。

この病気も妊娠による変化や肌の乾燥などが原因と考えられているため、産後すぐにおさまるケースがほとんど。

 

妊娠性疱疹

妊娠性疱疹も全身に「かゆみ」が起こります。肌に赤い斑点ができて、水ぶくれ状に。妊娠性痒疹と似ていますが、妊娠性痒疹は湿疹でこちらは水ぶくれのようになります。これも出産後にほとんど収まるため、妊娠時特有のものです。

 

あせも

妊娠すると、汗をかきやすくなります。汗をそのまま放置しておくと、夏場などはあせもになってしまい、「かゆみ」を感じることがあります。首や胸の下など、汗がたまりやすい部分にできるのが特徴的です。

  

その他、妊娠によって子宮が膨らむことで胆嚢を圧迫してしまい、胆汁酸の分泌を悪くしたり肝臓に負担がかかることも。このような身体の変化でも「かゆみ」を発症することがあるといわれています。

 

肌を「妊娠性痒疹」から守る方法

原因ははっきり解明されていないものの、一度かかると再発しやすい「妊娠性痒疹」。できることなら「かゆみ」に悩まされたくありませんよね。妊娠がわかったら、予防に努めましょう。

  

1.肌を清潔に保つ

まずは、肌の状態を清潔に保つことが重要です。汗をかいたら、こまめに拭きとったり、着替えるようにしましょう。また、身体を洗うときはゴシゴシこすると刺激になりますので、やさしく撫でるように洗ってください。

 

2.肌の保湿ケアをする

お風呂に入った後には、保湿クリームで使ってしっかりと保湿しましょう。体全体が保湿できるのであれば、どのようなクリームもかまいません。妊娠線予防クリームも保湿効果があり、妊婦の身体の状態を考慮された商品ですのでおすすめです。

 

3.低刺激・無添加のものを選ぶ

妊娠中の肌は敏感な状態になっているため、体を洗うときの石鹸などは、低刺激の少ないものを。化粧品など毎日肌に使うものも、妊娠中は刺激になることがありますので、無添加のものなどに切り替えてみてください。

 

4.ヨモギを取り入れる

昔から、ヨモギはアトピーなどの様々な肌荒れに効くと言われています。ヨモギ茶やヨモギ風呂などももちろんおすすめですが、簡単に取り入れたい方は、ヨモギローションを使うといいかもしれません。

 

妊娠すると、体質は大きく変化する可能性があります。そのため予防は、少し神経質ではないか、と思うくらい、刺激から肌を守ることを意識してみてください。

しかし、意識するあまり、それがストレスになってしまうほど、頑張る必要はありません。基本的には産後には症状が消えますので、気にしすぎないようにしましょう。

 

「かゆみ」は妊娠している証拠

「かゆみ」が起きないようにするには、しっかりと肌を守ることが重要ですが、妊娠による体質の変化で防ぎきれないこともあるかもしれません。

「かゆみ」を感じても、それは妊娠している証拠。もし「かゆみ」が強く出てくるようなら、病院で診てもらうようにしましょう。 

気になることがあれば、どんな小さなことでも医師に相談する癖をつけておくことも大切ですよ。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

妊娠が判った途端に急に感じる「かゆみ」…カラダの体質が変わった?

妊娠初期の段階で肌に「かゆみ」を感じる女性は少なくありません。それまで、湿疹やア...

妊娠中のかゆみの原因!「妊娠性掻痒」って?かかないことが一番!

妊娠中にはかゆみを感じるという方も多いようです。ユニチャーム、和光堂などが共同運...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る