カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. おりもの >
  5. 「おりもの」の変化で妊娠がわかる?

妊娠・出産

「おりもの」の変化で妊娠がわかる?

「おりもの」は女性の身体を守るために必要不可欠なものです。体調の変化を教えてくれたり、雑菌・細菌から守ってくれる働きがあります。「おりもの」の変化は、体調の変化といっても過言ではないでしょう。

 

「おりもの」の役割ってなに?

女性であれば「おりもの」は生活の一部といっても過言ではないでしょう。しかし「おりもの」は生理のような劇的な始まり方はしないため、いつの間にかそこにあっただけで、どういった役割があるかということに関して考えることはあまりないのではないでしょうか。

 

「おりもの」の役割は主に2つです。1つは「自浄作用」です。膣を通った細菌が身体に入るのを防ぎ、膣の中をきれいに保ってくれます。2つ目は「受精の手助け」です。

特に子宮の出口から出る「おりもの」は精子がスムーズに子宮に到達する役割を担っているのです。

 

妊娠すると「おりもの」はどう変わる?

「おりもの」は女性の身体を守ったり、身体の変化を教えてくれるものですが、妊娠した時にはどう変わるのでしょうか。

一般的に妊娠初期には「おりもの」が増えるといわれています。

これは妊娠によって新陳代謝が活発になり、卵胞ホルモンが活性化されることを受けて起こると共に、膣内を酸性に保ち、子宮に雑菌・細菌が入るのを防ぐための働きといわれます。

 

その他の特徴としては、乳白色や黄色を帯びることがあるといわれます。色が付いても基本問題ないとされていますが、強い臭いやかゆみを伴う場合は、他の異常の可能性も考えられますので速やかに医師へ相談しましょう。

 

妊娠は自分1人の身体ではなくなるということです。その負担は計り知れません。これまで特に意識しなかったことも、大きな問題に発展する可能性があります。

妊娠の可能性がある場合は、どんな状態でも医師に相談し定期的な診察を受けるように努力しましょう。

 

(Photo by ://www.photo-ac.com)

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

妊娠中はいつもより多いおりものにイライラ…おりものの不快感 撃退術

妊娠中には赤ちゃんを守るため、感染などを起こさないために“おりもの”が多く分...

妊娠初期のおりものに血が混じる!これは妊娠のせい?おしるし??

妊娠初期段階のなかでも、妊娠0週~3週のころに出る「おりもの」の変化に、色が...

おりものの体験談

妊娠中期から増えてきたおりもの対策!布ナプキンの勧め

元々おりものは多くなかったのですが、妊娠中期から急に増えてきました。 色は白いものがほとんどで、医...

破水?それともカンジタ?妊娠中の大量のおりもの

次男妊娠中にカンジダになり、ヒヤリとしたお話です妊娠中に全力疾走長男が1歳10ヶ月の頃、自宅マンショ...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る