カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. しびれ・痛み >
  5. 妊娠後期や出産後に発生する手の「しびれ」は何が原因なの?

妊娠・出産

妊娠後期や出産後に発生する手の「しびれ」は何が原因なの?

手の「しびれ」といった症状を伴う病気は沢山あります。様々な症状に悩む方も多いと思います。そういった「しびれ」を伴う病気の中でも、女性特有とされる病気があるんです。

 

「手根管症候群」からくるしびれ

女性特有とされる手の「しびれ」の症状として、妊娠後期から出産後に感じるものがあります。

夜、手の「しびれ」が気になって目を覚ましたり、症状がひどい場合は物を握ることも辛いほどの「しびれ」や「痛み」を発症する方もいらっしゃるようです。

 

この症状は、手の「しびれ」としては代表的といわれる「手根管症候群」という病気の場合が多いといわれます。

この病気は、手首の中を走っている正中神経という神経が圧迫されることにより、手に「しびれ」を感じる病気です。

 

「手根管症候群」自体は、女性しか発症しない病気というわけではなく、だれでも発症する可能性があるといわれますが、特に妊娠後期や出産後の女性に起こりやすい病気といわれています。そして、その発症理由に女性特有といわれる理由があるのです。

 

女性特有の発症理由

「手根管症候群」が妊娠後期及び産後の女性に発症した場合、その原因は妊娠中・産後のむくみだということがわかっています。

妊娠後期になると、胎児により多くの栄養を与えるために血管が拡張し、血液中の水分も多くなるために全身に「むくみ」が出る方が多いといわれています。

 

そして産後は、赤ちゃんに母乳を与えるために、母体はより多くの栄養と水分を蓄えようとしますが、その影響で「むくみ」が出ると考えられます。

こういった身体の状態が、手首を走っている正中神経を圧迫してしまい「しびれ」や「痛み」が出ると考えられています。

 

身体の変化と共に自然治癒するケースがほとんど

妊娠後期、産後の「むくみ」は時間が経てば引いていきます。

一般的にはこの「むくみ」が引けば「しびれ」などの症状も治まるとされていますので、特に大きく心配する必要はありません。しかし、症状が重く日常生活に支障をきたす場合は医師に相談し、投薬やマッサージなどの治療を受ける必要があるようです。

 

妊娠後期、産後はただでさえストレスが多い時期といえます。1人で悩まず相談することで負担を軽減していきましょう。

(Photo by : http://www.photo-ac.com)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しびれ・痛みに関する記事

痛みがつらい・・・!産後をどう乗りきる?

  出産という大きな仕事を終え、とてつもなく疲れた・・・。 さまざまな痛みに...

妊娠で「花粉症」は重くなる?軽くなる?

既に「花粉症」に苦しんでいる方から、妊娠によって「花粉症」が重くなったという...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

しびれ・痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る