カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 喘息 >
  5. 妊娠中の喘息発作対策はどうすればいい?胎児への影響は?

妊娠・出産

妊娠中の喘息発作対策はどうすればいい?胎児への影響は?

妊娠と「喘息」を抱えながら毎日の生活を送るのは、何もない妊婦さんから比べると非常に大変なことといえます。

妊娠によって「喘息」の症状が変わったという方は、全体の2/3程度と比較的多いといえます。その症状は、重くなることも軽くなることもあるようです。

 

妊婦の「喘息」発作による胎児への影響

「喘息」発作が非常に重く、呼吸の閉塞を起こしてしまう方は、発作が起きた時に酸素欠乏になりやすいとされます。

この酸素欠乏は胎児にも影響し、胎児が酸欠になることで発育不全や脳障害が残る可能性があります。最悪の場合は、こういった酸欠が原因で流産してしまうこともあるようです。 

 

薬剤を効果的に利用する

妊娠中の薬の服用が胎児に悪影響を与えやすいことは一般的に広く知られています。しかし、全ての薬剤が胎児に悪影響を与えるわけではありません。自分に必要な薬剤を選び、適切な方法で摂取することでより快適で安全な妊婦生活を送ることができます。

 

逆に、薬は胎児に悪いという先入観と自己判断で、全ての薬剤を排除し、「喘息」発作を重症化させることで、先述の酸素欠乏のように胎児へ思わぬ悪影響を与えてしまうことが考えられるのです。妊娠中でも使用可能な薬剤は「喘息」に関しては数種類存在します。医師に自分の状態と併せて相談し、適切な処方を受けるようにしましょう。 

 

生活習慣を見直す

それでも、妊娠中はなるべく薬剤を使いたくない、といった方もいらっしゃるでしょう。

薬剤の使用頻度を下げるには、「喘息」発作の発生を未然に防ぐ必要があります。

「喘息」発作が起こる原因は人それぞれです。ハウスダストや花粉、気候の変化、食物、ストレスなど色々な要因があります。「喘息」を持病とされる方は、ご自身の「喘息」発作の原因が何かわかっている場合が多いと思います。

日々の生活の中で、自分の「喘息」の原因となりそうな物を徹底的に排除する努力をしてみましょう。

妊娠中はストレスを感じやすい場合もありますので、周囲の助けを得られるように話しをしておく必要もあるでしょう。

 

妊娠は、自分1人の身体ではなくなったということです。そのことを、家族を含めた周囲の人々に理解してもらい、何かあった時に助けてもらえる環境を作ることが大切です。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/8646?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

妊娠中こそ気を付けよう!妊婦には喘息コントロールが必要なんです!喘息発作の予防方法

喘息は発作さえ起きなければ健康な人と変わりがなく、問題なく日常を過ごせる病気...

喘息持ちの妊婦さん~喘息に効果的な食材は?

喘息持ちの妊婦さんには、妊娠中の症状がとても辛いもの!少しでも楽にマタニティ...

喘息の体験談

妊娠中に飲んでいた薬〜喘息の発症と治療〜

2人目の妊娠中は、いろいろと薬を飲んでいました。理由は、喘息の状態を現状維持するためです。肺炎の発作...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る