カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 喘息 >
  5. 「喘息」発作時に使うステロイド剤、胎児への影響は?

妊娠・出産

「喘息」発作時に使うステロイド剤、胎児への影響は?

「喘息」と長い付き合いの方には非常になじみ深い薬剤にステロイドがあります。ステロイドに関しては否定的な見解もありますが、「喘息」発作が起きてしまった時の対処としてはとても効果的といえます。常に持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

しかし、妊娠してしまったら、これまでと同様にステロイドを使用し続けていいのかわからないですよね。

 

妊娠中でも使用可能な「喘息」薬剤があります

「喘息」の発作が起きた時に使用するステロイドに関しては、現段階では胎児への影響はほとんどないと考えられています。

ステロイドは胎盤を通過することがほぼない上、母体が摂取した時でも血液に乗って胎児に運ばれる頃には十分に薄まるとされています。特に、吸入型のステロイド剤は母子共に悪影響が出にくく、継続的な対処法としては非常に効果が高いとされています。

 

妊娠中は「喘息」発作のコントロールが必須

「喘息」は重症化させてしまうと命に関わる病気です。そして、完治が難しい病気ともされています。原因も人それぞれです。

そのため、重症化させないように発作をコントロールすることが大切といえます。それは妊娠中も同じことです。

「喘息」を持病とされる方は、妊娠中でも可能な薬剤によるコントロール方法を医師と相談し、長い期間続けていく必要があるといえます。

 

我慢が一番危険

「喘息」発作が起きても、妊娠中は薬剤を使いたくないといった気持から、自己判断で薬剤使用を止めてしまう方がいらっしゃるようです。これは、母体にとっても胎児にとっても、薬剤を使用するよりも危険な状態といえます。

喘息」発作が起き、重症化して閉塞性障害を起こしてしまうことがありますが、この時の身体は酸欠状態といえます。この酸欠は、胎児にも大きな影響を与えます。ケースによっては、脳障害が残ったり発育不全が起こる可能性もあるのです。

 

自己判断は非常に危険といえますので、不安なことは必ず医師に相談し自分に合った対処方法を見つけていきましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/33640?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

喘息発作の可能性はゼロではない!出産時に喘息発作が起きるか不安…どう対処するべき?

出産時は普段よりも緊張しますし、特に初めての出産ともなると不安で不安で仕方が...

喘息持ちママ必見!自宅でできるセルフケア

喘息持ちのママにとって、妊娠中に喘息で辛い思いをすることは出来るだけ避けたいもの...

喘息の体験談

妊娠中に飲んでいた薬〜喘息の発症と治療〜

2人目の妊娠中は、いろいろと薬を飲んでいました。理由は、喘息の状態を現状維持するためです。肺炎の発作...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る