カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 喘息 >
  5. 「喘息」が持病…妊娠中に何を気を付けたらいい?

妊娠・出産

「喘息」が持病…妊娠中に何を気を付けたらいい?

「喘息」が持病の方が妊娠した場合、何もない妊婦さんに比べ、気を付けなければいけないことがあるようです。

しかし、「喘息」だからといって妊娠が辛いものというわけではありません。

また、妊娠によって症状が必ず悪化するわけでもありません。自分の身体と状態をしっかり把握し、快適な妊婦生活を過ごせるように準備しましょう。

 

薬の服用はどうしたらいい?

「喘息」の方にとって薬の服用はマストといえます。発作が起きた時に服用を怠ると、重症化し閉塞性障害を起こしてしまうこともあります。

しかし、妊娠中の服薬は胎児に悪影響と考える方も多いのではないでしょうか。そういった考えから、自己判断で服薬を停止してしまう方がいるかもしれません。

「喘息」の薬剤は、基本胎児に悪影響を与えることはないとされています。

 

逆に、薬剤の使用を止めることで喘息発作が起きた時の母体の酸欠が胎児に強く影響し、早産や発育遅延、脳障害、低体重などを起こす可能性があるといわれています。

薬剤の影響よりも、薬剤を使わない時の影響の方が胎児にとってマイナスとなりやすいので、医師に処方された薬剤を適切に使用するようにしましょう。 

 

妊娠すると「喘息」が悪化する?

妊娠したら「喘息」が悪化したという方が全体の1/3ほどいらっしゃいます。

しかし、妊娠自体が「喘息」の悪化に関係しているわけではないようです。

むしろ、妊娠前に「喘息」治療を積極的に行っていた場合は、妊娠時には症状が軽くなったというケースの方が多いでしょう。妊娠時に「喘息」が悪化する一番の理由は、自己判断での薬剤使用の停止といわれます。

喘息はコントロールする病気ですから、上手くコントロールしていけるよう、医師としっかり相談しましょう。 

 

妊娠中に注意すべきこと

「喘息」はちょっとした刺激で免疫が過剰に反応し発作が起きるとされています。そのため、そういった刺激を生活の中から排除するように注意をはらうことが大切です。

部屋の埃などをマメにふき取るといったことから、タバコの煙に近寄らないなど小さなことにしっかりと注意を払いましょう。

 

ストレスも発作原因の1つとされています。無理をせず、ゆっくりとした気持ちで毎日を過ごしましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/22332?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

妊娠中こそ気を付けよう!妊婦には喘息コントロールが必要なんです!喘息発作の予防方法

喘息は発作さえ起きなければ健康な人と変わりがなく、問題なく日常を過ごせる病気...

煙草がやめられない妊婦さんに知ってほしい!胎児の喘息リスク

    妊娠しているママの大半が、お腹の赤ちゃんへ良い栄養を与えたい・お腹の赤ち...

喘息の体験談

妊娠中に飲んでいた薬〜喘息の発症と治療〜

2人目の妊娠中は、いろいろと薬を飲んでいました。理由は、喘息の状態を現状維持するためです。肺炎の発作...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る