カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. こどもが発病したらどうなるの?!胆管結石の症状とは?

気になる病気・症状

こどもが発病したらどうなるの?!胆管結石の症状とは?

 

胆管結石とは、中高年の肥満体型の女性に多いとされている症状なのですが、時に、小さな子どもが発症してしまうこともあります。「まさか子どもが?!」と疑ってしまう子どもの胆管結石。どんな症状を感じてしまうのでしょうか?

 

 

◆子どもが発病するとどうなる?

言葉が話せる年齢であれば、腹部の激しい痛みを訴えます。痛みとともに、大人同様、のたうちまわるようなしぐさを見せるでしょう。

こどもの腹痛と聞くと、ついつい盲腸腸重積などが疑われ、さまざまな検査をおこなっても、胆管結石だとすぐに判断できるほど、メジャーな症例ではないことが解ります。

 

検査をおこなっていくと、CTやMRIなどの撮影を行うようになることも。ここで初めて、レントゲン写真などを通して、結石が確認できるという事もあります。

 

◆なぜ子どもでも発病する?

大人には多いとされている胆石ですが、子どもにも、ごく稀に発症してしまうことがあります。

原因としては、溶血性貧血や、遺伝性球状赤血球症、胆嚢炎(細菌感染や寄生虫)など考えられますが、原因の特定ができないこともあります。

 

症例としては、ごく稀なので、病院を受診しても、まさか胆石だとは・・・と、なかなかすぐに発見してもらえないこともあります。CTやMRIなどを使用して、ようやく胆石だと確定できます。

 

◆治療はできる?

子どもの胆石には、薬で結石を溶かす治療法や、胆嚢のある部位に体外から衝撃波をあてて、胆石を粉々に砕き、肛門から排泄させる体外衝撃波破壊術という方法があります。

 

それでも処置が困難な場合には、手術となりますが、内視鏡などを使って、腹部に小さな穴を開けて取り除く手術になります。

どの方法で治療を行うかという判断は、症状の様子や、石の大きさなども踏まえて、医師との相談になります。

 

子どもの胆管結石・胆石はよく見られる病気!というわけではないので、病院や大学病院などによっても手術や症例数が少ないかもしれません。

 

病院選びは慎重になってしまうところではありますが、お子さんはなかなか初期症状には気付かない&訴えないと思われますので、緊急の場合には受診した病院で、しっかり疑問質問を医師にぶつけることがポイントです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349509.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

閉塞性黄疸の症状「黄疸」について

  閉塞性黄疸の主な症状である「黄疸」とは、皮膚が黄色くなる症状であること...

今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

  胆管の中に、結石が出来てしまうことで、激しい腹痛などを感じてしまう胆管...


命を脅かす!総胆管結石症の治療法と予防法

  総胆管は胆汁を十二指腸に送る役割をもつ器官です。この部位にできた結石の...

胆管が詰まる「閉塞性黄疸」、詰まりの原因とは

  いくつかのタイプがある「黄疸」ですが、その中でも胆管がなんらかの原因に...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る