カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. 胆管結石が見つかった…どんな治療を行うの?治療後に再発はする?

気になる病気・症状

胆管結石が見つかった…どんな治療を行うの?治療後に再発はする?

 

激しい腹痛や嘔吐などによって病院を受診し、検査の結果『胆管結石』だと診断された場合、すぐに頭の中には「手術をしなければ・・・」と想像するかもしれません。

胆管結石が見つかった場合、どのような治療方法があるのでしょうか?

 

 

◆治療をしなければならない?

胆管の中にある結晶(結石)の大きさなどによっては、薬で溶かす治療法を行う場合もありますが、本来、胆管の中にそのような異物があると、胆汁がスムーズに通ることが出来ず、肝臓の障害や、肝機能への影響、黄疸などを発病してしまう問題が起きてしまいますので、“放置”をするということは、オススメできません。

 

もちろん、手術や治療の時期・タイミングを医師と相談することで、少しの期間であれば先延ばしにすることは可能です。

しかしその場合も、万が一命に関わる問題が発生するかもしれないというリスクは背負っての判断です。

 

一番ベストなことは、すぐに治療を行うことです。

胆管の中に結石が出来た以上、手術を含む、何かしらの処置が必要になります。

 

◆可能な治療方法とは?

開腹して、胆管の内部を綺麗に掃除し、結石を取り除くという手術方法もありますし、内視鏡(胃カメラ)を入れて、十二指腸の中から取り除く方法もあります。

 

他にも、腹腔鏡手術で、総胆管結石を切除する方法もあります。

医師との相談によって治療方針が決まるので、検査をしてみないことには、どんな方法で対処が出来るかは解りません。

 

◆治療後に再発はする?

治療後に気になる問題として、胆管結石再発があります。

もちろん、再発しない方も沢山いますが、同じ食生活や、食べ物などにさほど気を使われていない生活を送っていれば、また同じような症状を招いてしまいます。

 

再発した場合も、また治療を行うことになりますが、再発したときの症状や結石の大きさ、内容によっては、手術ではなくで対処をしていく方法もあります。

 

どんな状況においても、一度、胆管結石が出来てしまったのであれば、何かしらの処置が必ず必要になります。

 

放置をしておくと、どんどん症状は悪化していきますし、途中で症状に気付き、食生活を改善したとしても、一度胆管内に出来てしまった結石に関しては、取り除かないと、胆汁の流れの妨げとなってしまうことには変わりありません。

 

まずは、病院へ受診しましょう。そして、自分の症状にあった治療法を見つけましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349507.php?category=279 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

結石に関する記事

自覚症状がないため、見逃してしまいがち…胆管結石の初期症状とは?

  とても強い腹痛を感じてしまい、重症化してしまうと命の危険性もある胆管結...

詰まりを解消して流れを良くする~閉塞性黄疸の治療方法

  閉塞性黄疸の原因は、胆管の詰まりです。診断が確定したら、詰まりを解消す...


胆管結石にならないために~原因は食事!?食事の方法や調理段階で出来る予防法~

  胆管結石になってしまう要因として、考えられるものに、食事があります。 ...

閉塞性黄疸の原因となる「結石」は何故できるか

  胆汁の通り道である胆管がつまり、胆汁が逆流することで症状がおきる閉塞性...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る