カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 頭痛・めまい >
  5. 妊娠してから「めまい」が酷い…めまいの対処法が知りたい!

妊娠・出産

妊娠してから「めまい」が酷い…めまいの対処法が知りたい!

妊娠中はホルモンバランスの変化から、自律神経の働きが鈍くなるといわれています。また血液が子宮に集中するため、脳に十分行き渡らないため脳貧血を起こしやすくなるようです。

この脳貧血が酷くなると「めまい」や「頭痛」、立ちくらみが引き起こるとされています。

 

妊娠と「つわり」と「めまい」

妊娠中の「つわり」に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

つわりの症状は人それぞれですが、「つわり」に伴って「めまい」が酷くなるといった方もいらっしゃるようです。これは脳貧血の影響の他に、嘔吐を繰り返し過ぎたせいで脱水症状を起こしていたり、体内の水分バランスが崩れているために起こるともいわれています。

 

「めまい」が起こった時の対処法としては、まず、倒れないようにすることが大切です。

咄嗟に何かにつかまるか、その場にしゃがみ、症状が落ち着くのを待ちましょう。それでも改善されない場合は、頭を低くして横になり様子を見ましょう。少し落ち着いても、立ち上がる時はできるだけゆっくりと身体を動かすことを心がけましょう。

 

あまりにも頻繁に重度の「めまい」が起こる場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

出産まで付き合うしかない?

「つわり」もそれに伴う「めまい」も、妊娠の影響を受けての症状のため、出産すれば改善されることがほとんどです。しかし、出産するまでは色々な処置や対処も完治には結びつかないかもしれません。それも、出産までのことと割り切り、じっくりと付き合うことが大切です。

 

「めまい」を起こした時に一番注意しなければいけないことは、転倒と考えて間違いないでしょう。転倒した時、打ち所が悪い場合は赤ちゃんに大きな負担をかけてしまう可能性があります。また打撲や裂傷など、自分の身体を傷つけてしまう場合もあります。

 

急に顔を上げたり、動いたりすると「めまい」の発生を誘引してしまう可能性がありますので、常にゆったりと動くように心がけましょう。階段などは特に注意が必要といえますよ。

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛・めまいに関する記事

なかなか薬を飲めない妊婦さんへ!頭痛に効果のある・控えたほうがいい食べ物

頭痛を感じるとつい薬に頼りがちですが、薬ではなく普段の生活の中で取り入れることが...

妊娠初期のだるさ・頭痛は、胎盤ができる頃に治まる?!つわりとの関係は?

妊娠初期の6週頃では、『つわり』が重症化(重症妊娠悪阻)する場合があり、それに伴...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

頭痛・めまいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る