カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 重症化 >
  5. ウェルニッケ脳症 >
  6. 『ウェルニッケ脳症』を発症したら赤ちゃんは助からない!?

妊娠・出産

『ウェルニッケ脳症』を発症したら赤ちゃんは助からない!?

妊娠中に「つわり」に悩まされる方は多いでしょう。妊娠したのだから、つわりは仕方がないと思って、つらい症状も我慢し続けいませんか。

つわりは、個人によって症状は様々です。人によっては、重症化する可能性があります。重症化した結果、ウェルニッケ脳症という命の危険がある病気を発症させてしまう可能性があるのです。

ウェルニッケ脳症を発症した場合、赤ちゃんや母体にどのような影響があるのでしょうか。今回は、ウェッケル脳症の危険性についてまとめました。  

「つわり」の重症化とは?

 

つわりの症状は、個人差が大きいのが特徴です。その発生期間も重さも感じ方も、人によって異なります。つわりは、妊娠をした事を知らせる代表的な体の症状です。

そのため辛い症状でも、妊娠したのだから…と自己判断で症状が回復するのを待ち、医師に相談しない方もいらっしゃるようです。

しかし、「つわり」は対処せずにいると重症化する場合があります。重症化したつわりの症状を「妊娠悪阻(にんしんおそ)」と呼びます。

 

妊娠悪阻は、極度な栄養失調の状態に陥っており、危険な病気を発症する可能性を秘めています。また、体力の回復にも時間もかかり、場合によっては入院が必要になることもあるのです。

 

妊娠悪阻の症状は?

具体的な症状には、動悸が激しくなる、嘔吐が続き慢性化する、つわりが原因で体重が3キロ以上減るといったことがあります。

この状態悪化から医師の診察を受けた際に、尿ケトン体の陽性反応が出た場合、妊娠悪阻と診断されることが多いと言われています。

 

『ウェルニッケ脳症』は妊娠悪阻の合併症

妊娠悪阻を発症すると、上手く栄養素を吸収することができなくなります。その影響でビタミンも不足していきます。中でもビタミンB1が不足した結果、眼球を動かすことができなくなったり、自立した歩行ができない、物忘れがひどくなったりといった症状を発症します。

 

ウェルニッケ脳症の発症率

このような症状が見受けられた結果、ウェルニッケ脳症と診断されます。ウェルニッケ脳症を発症する割合は、妊娠悪阻の中でも0.1%~0.35%と低い確率です。

 

しかし、一度発症してしまうと母体死亡率4%、後遺症が残る確率は90%といわれています。つわりを重症化させないように、十分な注意が必要といえるでしょう。

 

ビタミンB1の不足が主な原因に

また、ウェルニッケ脳症は、ビタミンB1の不足により起こるため、つわり以外が原因でも発症をする可能性があります。例えば、大量のアルコール摂取、摂食障害、極端に偏った食事をするなどがあげられます。

 

日ごろからバランスのいい食事をとり必要な栄養素を接種することが大切です。

 

ウェルニッケ脳症の治療法は?

ウェルニッケ脳症の場合は、ケトン体が認められることも一つの判断基準になります。ケトン体が認められたということは、単純にいうと、栄養障害や代謝異常をきたしている状態をさします。

 

そのため、妊娠悪阻の症状を回復させるためには、必要な栄養素を摂取することが必要不可欠。特にビタミンB1の不足が深刻化している状態になっているので、ビタミンB1の投与を行います。

 

主には、病院で点滴をして栄養を補います。通院でも治療することができますが、重症化している場合は入院が必要となります。

 

ビタミンB1の働きとは?

ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変換される時に、酵素を助ける働きをします。そのため、ビタミンB1が不足してしまうと、脳のエネルギー源である糖が正常に行き届かない状態に陥ります。

 

脳に糖が届かない結果、脳がエネルギー不足を起こしてしまい、神経機能が阻害されてしまうのです。

 

赤ちゃんへの影響は?

妊娠悪阻によって、食べ物や飲み物を受けつけない場合、胎児へどのような影響があるのか気になりますよね。

妊娠悪阻の症状をもった場合、低体重の赤ちゃんが生まれることがあるようですが、ほんの一部のようです。

 

また、妊娠悪阻からウェルニッケ脳症に発展した場合の胎児への影響についても、妊娠悪阻と同様に低体重児のリスクがあります。

ただし、両方とも目立った報告はなく、妊娠悪阻・ウェルニッケ脳症が原因とは言い切れないようです。

 

重症化する前に適切な治療を

ウェルニッケ脳症を発症したからといって、赤ちゃんがすぐ死亡するわけではありません。ただし、妊娠悪阻・ウェルニッケ脳症を発症すると、赤ちゃんに栄養素を送れない身体になっていることは間違いはないので、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

「妊娠したのだからつわりになるのが当たり前」と、我慢をしずぎた結果、判断を誤ってしまい最悪な事態を迎えてしまうことがあります。

ウェルニッケ脳症は、ママがビタミンB1をしっかり補給すれば防げる病気です。そして、90%は後遺症を残してしまうという恐ろしい病でもあります。

 

赤ちゃんに影響がないにしても、ママの一生を左右する病。食事がとれない状態が続いているようであれば、赤ちゃんの未来のために早めに病院へ行くようにしましょう。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ウェルニッケ脳症に関する記事

重症悪阻によるウェルニッケ脳症の怖さ

 妊娠の悪阻は、妊婦さんによって症状も程度も様々なので、中には非常に重い悪阻の人...

ウェルニッケ脳症の予防が絶対に必要なワケ

悪阻(つわり)が重症化した場合、注意しなければいけない病気がウェルニッケ脳症です...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る