カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 出産したのに母乳が出ない…ミルクでも大丈夫?

育児

出産したのに母乳が出ない…ミルクでも大丈夫?

出産したら母乳が溢れるほど出、赤ちゃんがそれをごくごく飲んで大きく健康に育っていく、といったことを考えている妊婦さんはたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、いざ授乳といった段階で母乳の出が悪く赤ちゃんにあげられないといったこともあるんです。

 

母乳が出なくても諦めないで

出産後、母乳の出が悪く自分を責めてしまうお母さんもいるようです。

しかし、これは体質や環境や精神状態など色々な要素が重なっておきる状態のため、お母さんが悪いわけではないことをしっかり認識してください。

 

周囲の人から、色々といわれることもあるかもしれませんが、そういった声に負けず赤ちゃんを育てることに集中しましょう。

そして母乳が出なくても、赤ちゃんにおっぱいを全くあげないということは避けましょう。

母乳をあげるというのは、赤ちゃんの成長に必要な栄養を与えるだけでなく、心の栄養も与える行為といわれています。

 

たとえ母乳が出ていなくても、赤ちゃんの口におっぱいを含ませたり、触らせるといったことで赤ちゃんの心は大きく成長します。そして母子の絆を形成していくことができるのです。

 

また、赤ちゃんにおっぱいを含んでもらうことで、出なかった母乳が出るようになることもあります。

これは、赤ちゃんにおっぱいをあげることによって、お母さんのメンタルも大きく変化している証拠といえます。女性は、こういったことを繰り返しながら「母」になっていくといえます。

 

初めからミルクでもOK

母乳には赤ちゃんにとって必要な栄養素や、免疫物質がたっぷり含まれているため健康で大きく育てられることができると考えている方も多いでしょう。

それは間違いではありません。しかし、ミルクでも栄養素を確保することはできます。

母乳をあげるメリットは、栄養素を与えるだけでなく、おっぱいを通してスキンシップを持つことが大きいといわれます。

 

中には、母乳が出ていても完全ミルクで育てる方法を選ぶ方もいらっしゃいます。

もちろん母乳で育てるか完全ミルクで育てるか混合で育てるか、どちらかが正しいかといったことはありませんので、ご自身のライフスタイルに合った方法を選ぶべきでしょう。

 

こういったことは、周囲の意見を聞き過ぎるとストレスになってしまうことがありそうです。人ぞれぞれの考え方がありますので万遍なく耳を傾けつつ、合うものだけを取り入れていくべきでしょう。

 

(Photo by : [http://www.photo-ac.com/main/detail/60561?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

授乳に関する記事

母乳の出が悪い時には鍼灸治療を!

   赤ちゃんを育てる時にはぜひ母乳で育てたい!と思っていても十分に母乳が...

断乳後ってどうなるの?お母さんと赤ちゃんの断乳後の経過とケア

この日!と決めて断乳。赤ちゃんの体も、お母さんの体もおっぱいのない状態、おっ...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る