カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳の為の食べ物・レシピ >
  6. 赤ちゃんが母乳を飲んでくれない…赤ちゃんにおっぱいを含ませるためのマッサージ、試してみよう

育児・子供の病気

赤ちゃんが母乳を飲んでくれない…赤ちゃんにおっぱいを含ませるためのマッサージ、試してみよう

出産して順調に母乳が出た場合、すぐにでも赤ちゃんにあげたいと思うものでしょう。しかし、母乳が順調に出ていても赤ちゃんが飲んでくれないといったことが起こることもあります。

これは、お母さんの乳首が赤ちゃんにとって咥えにくく、上手く吸うことができないために起こるようです。

 

乳首マッサージも大切

母乳を出すために、妊娠中から乳房マッサージをおこなっている方も多いでしょう。母乳マッサージは母乳を作るためにとても大切なマッサージですが、それと同じくらい乳首マッサージも大切といわれています。

 

赤ちゃんは乳首に舌を巻きつけるようにしてお乳を吸います。この時に乳首が赤ちゃんの口に合わないと、赤ちゃんは上手くお乳を吸うことができません。これが、母乳が出ているのに飲んでくれないときの大きな理由です。

 

乳首マッサージ

乳首は非常にデリケートな部分ですので、マッサージをおこなう際は必ずオイルなどを使い、皮膚に負担をかけないように気を付けてください。

下記では簡単な乳首マッサージの方法をご紹介しましょう。

 

1. まず、右手で右側の乳房を軽く持ち上げます。

2. 続いて左手の親指、人差し指、中指を使い右の乳首を優しくつまみます。

3. 続いて、左手の指を使い乳首を1分ほどかけてゆっくりと圧迫していきます。

この時痛みを感じる方、乳首が硬い方は倍の時間をかけてゆっくりと圧迫してください。乳首を優しくほぐすようなイメージでおこなってください。

4. 続いて、乳首を上下左右にゆっくりと動かします。

5. 最後に乳首を優しく前に引っ張ります。これを両乳首おこないます。

 

赤ちゃんが生まれ、おっぱいをあげるようになると毎日乳首を吸われることになります。

最初の頃は、乳首がただれたり皮膚が避けたりと肌環境のトラブルが絶えないことが多いとされています。

 

そのため、出産後にこのマッサージを続けることは難しいと考えられますので、出産前からしっかりマッサージをおこない授乳に備えましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/20302?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳の為の食べ物・レシピに関する記事

母乳不足から脱出!母乳の量を増やす授乳方法と気をつけたい生活習慣

母乳育児が推進されていますが、母乳がなかなか出なかったり、赤ちゃんが満足する...

完母を諦める…?母乳育児に挫けそうなママへ

完母になりたいのになれない…と落ち込んでしまったり、どうして母乳だけだと足りな...

母乳の為の食べ物・レシピの体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の為の食べ物・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る