カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 知育 >
  4. 小さいときから英語で子どもと遊ぼう!子どもが早い時期から英語に親しむためのコツ知ってる?

育児・子供の病気

小さいときから英語で子どもと遊ぼう!子どもが早い時期から英語に親しむためのコツ知ってる?

 

 これからの子どもたちに求められるのは、

世界に目を向け、自由に羽ばたいていけるような旺盛な好奇心。

「どんな国の人ともスムーズにコミュニケーションできる子どもに育てたい」――、そんなふうに思っているおかあさんは多いのではないでしょうか。

 ここでは、その手段の一つとして、子どもができるだけ早い時期から英語に親しむための、ちょっとしたコツをお教えしましょう。

 

英語を子供と一緒に楽しむコツ

①赤ちゃんのときからおかあさんの言葉をたくさん聞かせる 

 

赤ちゃんは一見無反応のように見えますが、周りの人の声を一生懸命聞いています。

周りの人が離さなければ、赤ちゃんは言葉を覚えられません。

何を話していいが戸惑うときは、自分がいましていることを言葉にしてみましょう。

 

「いま、おかあさんはコップをもっています」

「これから牛乳をのみます」「おいしいな」。

 

こんな調子です。赤ちゃんはしっかり聞いていますよ。

「うれしい」「楽しい」といった気持も言葉にして表わすようにしましょう。

 

②会話の土台を作る

 

いきなり英語で、と言っても簡単に出てくるものではありません。

まずはふだんの生活のなかで、「会話の土台」を作ることが肝心です。

子どもとの信頼関係を作る、子どもの気持ちを受け止める、きちんと話を聞いてあげる、感じていることを引き出す、子どもを勇気づける言葉をかける、前向きな気持ちで話すなどです。

 

③英語を楽しむ環境を作る

 

さて、いきなり英語で話しましょうといっても、無理な話です。

赤ちゃんの頃から英語に親しむ環境を心がけ、子もり歌に英語の歌を歌ったり音楽をかけたりしましょう。

そして、1日5分くらいから英語で言葉をかけることからはじめてみましょう。

 

教えて!日常生活で使いやすいフレーズ

"Can you~?

これを覚えておくと会話のなかに入れやすいのでおすすめです。

子どもはYesかNoかで、答えさせることで、選ばせる練習からはじめましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/08-351164.php)

著者: mariさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

知育に関する記事

子どもに英語教育を受けさせたい!英語教育をはじめるのに最適な時期は?

英語の重要性は年々増していますよね。最近では英語に関する知育玩具も多く販売さ...

赤ちゃんの英語教育は何が大切?

  赤ちゃんに、英語が話せるようになってほしいと、思うのであれば、根気よく英...

知育の体験談

読み聞かせって大事?

今回は読み聞かせについて書きます。 お子さんがいらっしゃる方は読み聞かせってされましたか? 地域...

こどもちゃれんじってどんな感じ?こんな感じです

※私個人の感想です。参考程度にお読みください。 子供が産まれて出てくる問題が、『「こどもちゃれ...

カラダノートひろば

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る