カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. ミルク >
  5. 赤ちゃんにミルクをあげるコツって何?

育児・子供の病気

赤ちゃんにミルクをあげるコツって何?

赤ちゃんは生まれて半年ほどは、母乳粉ミルクからしか栄養素を摂ることができません。

その他で口にできるものは、水、白湯、麦茶程度です。そして母乳は赤ちゃんにとって、最高の栄養素と免疫成分を備えた飲み物とされています。その成分だけでなく、母乳育児の良さは様々な側面から称賛されています。しかし、そんな母乳も、母体が健康でなければ意味がないのをご存じですか。

 

母乳は科学的には完璧

はっきりとは解明されていないといわれながらも、母乳の評価はどんどん高まるばかりです。確かに、母体の血液の成分を母乳にしますから、その栄養価と免疫成分は他にないものだと思います。

また、母乳で子育てをすることでお母さんにも良い影響が出るとされています。例えば母乳の分泌を促すホルモンの影響で母性が出たり、乳房を吸われることで子宮が収縮し、産後の肥立ちを早めてくれる効果があるとされています。

また、お母さんの脂肪を分解して母乳にしていきますから、妊娠中に太ってしまった分を早く消費することができるのです。

粉ミルクがない時代は、母乳が子育ての唯一の方法でした。そのため、出産後母乳が出ない時は、赤ちゃんの生命すら危うくなることもありました。

 

本当に母乳は完璧なの?

上記のことを見ても、母乳は赤ちゃんにとって完璧です。

しかし、お母さんの体内で作られるものですから、お母さんのコンディションに大きく左右されます。

出産後の肥立ちが悪い場合は、上記のような理想的な栄養分を含まない母乳が出る可能性もあります。ましてや現代はストレスの多い社会です。例え母になったとしても、その環境は変わりません。そういった中で、完璧な母乳が出せないケースがあることも、また事実といえるでしょう。

 

粉ミルクを効果的に活用する

母乳の成分が理想的でなかった場合、粉ミルクによるサポートが必要になる場合もあります。その場合は、母乳に固執せず粉ミルクを使いましょう。

 

お母さんの柔軟な対応が赤ちゃんを丈夫で健康に大きく育てます。現代では色々な方法を模索することも、選ぶこともできます。周囲に相談しながら慎重に選びましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/50737?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ミルクに関する記事

アレルギーを誘発しにくい?赤ちゃんへの大豆粉ミルクの影響

様々な理由で粉ミルクで育てようというお母さんもたくさんいると思いますが、粉ミル...

母乳・粉ミルクアレルギーでも大丈夫~アレルギー対応粉ミルク

母乳や粉ミルクにアレルギーをもつ赤ちゃんもいます。アレルギーが認められた場合、...

ミルクの体験談

赤ちゃん好みのミルクを探す方法

大人に好き嫌いがあるように赤ちゃんにも好きなミルクと嫌いなミルクがあります。 ただミルクの種類が多...

完全母乳から哺乳瓶を使うとき

娘は現在4か月。 生まれてすぐは母乳の出が悪かったり、乳首が切れて痛くなったりと色々問題があり、母...

カラダノートひろば

ミルクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る