カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 貧血 >
  5. 原因はタンニン?!~つわりと貧血

妊娠・出産

原因はタンニン?!~つわりと貧血

 

鉄分を意識して食事を摂っているのに、一向に貧血が改善しない…それは、もしかしたらタンニンが原因かもしれません。タンニンと貧血の関係、気を付けたい食品をまとめました。

 

タンニンと鉄分

タンニンには体内で鉄分と結びつき、そのまま体外へ排出する作用があります。そのためせっかく鉄分豊富な食品を食べても、吸収されないまま体外に出てしまいます。

 

タンニンが多い食品

「渋み」が、タンニンを多く含む食品の特徴です。飲料にはタンニンの含有量が高いものが多く、100mlあたりではコーヒーに70mg、緑茶70mg、麦茶10mg、紅茶100mgが目安です。紅茶は品種によってさらに多くのタンニンを含む場合があり、貧血の人は注意が必要です。

ほかにも渋柿、熟れる前のバナナにも多く含まれますが、食べる機会はまずないでしょう。渋みが強い赤ワインも、タンニンを含みます。妊娠中はアルコールを控えている人が多いのであまり心配はいらないかもしれませんが、料理に使う時などは注意したほうが良いでしょう。

 

「食後のお茶」に注意

タンニンが多い飲み物は、食事中や食後すぐに飲むのを避けましょう。食事中は、水やタンニン量が少ない麦茶、ほうじ茶がお勧めです。食後のお茶にコーヒーや緑茶を飲むなら、20分以上時間を空けると鉄分と結びつきにくくなります。

コーヒーのタンニンは、深煎りするほど少なくなります。食後のコーヒーには深煎りのイタリアンローストが適しています。

絶対にタンニンを摂ってはいけないわけではありません。妊娠中にお茶の時間を楽しめば、気分転換やリラックスになります。3時のお茶なら、鉄分の心配も少ないでしょう。神経質にならず、飲む時間やお茶の種類に気を付ければ問題ありません

 

食事中の飲み物に気を付けるだけで、貧血の症状が軽減するかもしれません。タンニンの含有量を意識してみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/04/02-035497.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

つわりで貧血になってしまったら?貧血初期症状、鉄分補給のコツ

妊娠すると、赤ちゃんに酸素や栄養素を届けるために新鮮な血液がたくさん必要にな...

旬の野菜で貧血予防!~冬の野菜~

関連する記事 主婦必見!...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る