カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 仕事 >
  5. 妊娠していても働きたい、働かなければ… つわりでも仕事を続けるための制度活用法!

妊娠・出産

妊娠していても働きたい、働かなければ… つわりでも仕事を続けるための制度活用法!

仕事を持つ女性にとってつわりをどう乗り切るかというのは、最初の関門といえるかもしれません。

母体保護のため、法律に定められた制度があります。体調をみながら、必要な制度を活用しましょう。

 

病気休暇

つわりは病気ではありませんが、通常の病気休暇と同じ方法で申請できます。必要な書類は診断書、または「母性健康管理指導事項連絡カード」です。

自己都合による欠勤扱いにはなりません。母性健康管理指導事項連絡カードは、病院か会社の総務で受け取りましょう。

 

通勤緩和措置

満員電車で通勤するのは、つわりの人にはつらいもの。電車・バスといった公共交通機関を利用している人は、通勤時間をずらすことができます。

つわりの症状がなくても妊娠中の通勤には注意が必要です。通勤緩和措置が適用される期間は、母子手帳の交付後から産前休暇を取る前日までです。

 

妊婦健診

「仕事に支障がない範囲で」と注釈はつきますが、妊婦健診を理由に欠勤することも可能です。妊娠の週数によって欠勤回数が決まっています。

妊娠23週までは4週間に1回、24~35週は2週間に1回、35週以降は1週間に1回の欠勤が認められます。

 

仕事後や仕事が休みの日に通える産婦人科が無い場合は、妊婦健診のための欠勤を利用すると良いでしょう。

 

正当な権利

職場での風当りを考え、これらの制度を利用しづらい人もいるでしょう。しかし法律で認められた権利です。赤ちゃんのためにも、遠慮せず利用しましょう。

 

職場によっては独自の制度を設けている場合もあります。まずはどんな制度があるのか、確かめてみましょう。先輩ママがいれば、ぜひ参考にしてください。

(Photo by:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

具体的な事例に学ぶ、つわりと仕事の問題

  つわりで今までと同じように働けなくなり、職場内で悩む人もいるでしょう。...

働く女性のつわり対策~職場対応編~

  つわりで吐き気があっても、眠くて仕方なくても、仕事を持っていたら、そう...

仕事の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

妊娠中のお仕事◇赤ちゃんを守る為に無理は禁物!

妊娠中のお仕事は無理せずゆっくりが鉄則です!会社への報告私は、海外に住んでいて、出産時には日本に帰国...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る