カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. ミルク >
  5. 母乳・粉ミルクアレルギーでも大丈夫~アレルギー対応粉ミルク

育児・子供の病気

母乳・粉ミルクアレルギーでも大丈夫~アレルギー対応粉ミルク

母乳や粉ミルクにアレルギーをもつ赤ちゃんもいます。アレルギーが認められた場合、きちんと栄養を確保できるよう、アレルギー対応の粉ミルクに切り替えなくてはいけません。アレルギーと粉ミルクについてまとめました。

 

アレルギーの症状

主なアレルギー症状は3つです。嘔吐や下痢など消化器症状、湿疹など皮膚症状、荒い呼吸や弱い呼吸といった呼吸症状があれば、アレルギーの可能性があります。

 

粉ミルクだけではなく、母乳に対してもアレルギー反応がおきる赤ちゃんもいます。その場合は、母親の食べたものに原因があるのか、母乳そのものが原因なのかを病院で調べる必要があります。

 

赤ちゃんがミルクを吐き出すのは珍しいことではなく、体調が良くてもちょっとしたはずみで吐き出します。アレルギーがある場合は少量でも吐き出す、哺乳直後ではなく1時間後くらいに吐き出すのが特徴です。

 

アレルギー対応の粉ミルクとは

赤ちゃんの状態によって、使用する粉ミルクが違います。通常の粉ミルクよりもアレルギー物質を低減させたタンパク質分解物を配合したもの、牛乳ではなく大豆を原料としたものが代表的なアレルギー対応粉ミルクです。

 

粉ミルクを選ぶ際は自己判断ではなく、医師の意見を参考にしてください。通常の粉ミルクよりも栄養を摂りづらいので、勝手にアレルギー対応粉ミルクに切り替えると栄養不足に陥る危険もあります。アレルギー対応の粉ミルクにも、「使用前に医師や栄養士に相談すること」と注意書きがあります。

 

なお、一般的な粉ミルクよりも価格が高めです。医師の診断書を添えれば、年末調整の際に医療費に計上できます。経済的な意味でも、きちんと医師の診断を受けましょう。

 

母乳やふつうのミルクが飲めないということは、たいへんに心配です。しかし医師の指導のもとで適切な対応をすれば、成長に問題が出ることはありません。安心してアレルギー対応の粉ミルクを飲ませてください。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●授乳中のママは気をつけて!授乳中の食事に注意!おっぱいに良くない食べ物まとめ

 

(Photo by:足成 )

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ミルクに関する記事

赤ちゃんにミルクをあげるコツって何?

赤ちゃんは生まれて半年ほどは、母乳か粉ミルクからしか栄養素を摂ることができま...

母乳とは違う!赤ちゃんへ与える粉ミルクの量はどれくらい?新生児へは?

赤ちゃんに粉ミルクをあげる場合には、母乳と異なり、与える量を考えなければいけ...

ミルクの体験談

生後11か月☆ミルクと離乳食のバランスに悩み中

三女、11カ月になりました! 1歳まであと1か月かぁ~と思いながら体重を計ってみたら・・・・あれ増...

ミルク量が、∑(º ロ º๑)まぢ❢❢

生後2ヶ月と15日が経過しました♪ 普段は母乳なんですが、夕方のお風呂上がりと金曜日と土曜日の...

カラダノートひろば

ミルクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る