カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 卒乳・断乳 >
  5. 母乳育児のお母さんは卒乳・断乳時のおっぱいケアを忘れずに!

育児・子供の病気

母乳育児のお母さんは卒乳・断乳時のおっぱいケアを忘れずに!

 

卒乳・断乳では、「どうやって母乳・ミルクをやめさせるか」という子どもへの対応が問題になりがちです。しかし粉ミルクではなく母乳をやめる場合には、お母さんの準備とケアも欠かせません。母子ともにスムーズな卒乳・断乳をするためのコツを挙げます。

 

母乳のやめ時

授乳を毎日していても、自然と母乳の出が少なくなってくる場合があります。離乳食を始めて哺乳量が減ったために、母乳があまり出なくなるケースも多いようです。旅行や外出で一時的に粉ミルクに切り替えても、母乳の分泌が減るかもしれません。

授乳の間隔が空いてもおっぱいが痛いほど張らなくなってきた、母乳の分泌量が減ってきたタイミングで卒乳・断乳すると、乳腺炎などのトラブルが起こりにくいでしょう。

 

段階的にやめる

いきなり授乳を完全にやめると、おっぱいの張りがひどく、痛む可能性が高いでしょう。授乳の間隔を空ける、粉ミルクも併用する、授乳時間を減らすなどして徐々に母乳の分泌を抑えていきます。

どうしてもおっぱいが張って痛いなら、搾乳をします。たっぷり搾乳してしまうと、授乳量を減らした意味がありません。少し楽になる程度に搾乳してください。

 

乳管の詰まりを取る

最後の仕上げに、乳管に詰まった母乳のカスなどを取っておきます。もし残っていても体に害はありませんが、次の子どもに授乳する際、母乳が出にくくなるかもしれません。

方法は簡単で、乳首を根元からつまみ、柔らかく胸の方に押し込みます。さらに、そのまま引っ張り出します。つまんだ時、乳首に詰まりやしこりを感じたら、そっと揉みだすようにほぐしましょう。この工程を左右3回ずつ行って完了です。

 

卒乳・断乳中におっぱいのトラブルがあったら、母乳外来に相談することをお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/02/23-014432.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卒乳・断乳に関する記事

卒乳と断乳…どっちがいいの?

  子供の母乳離れの時期については、様々な意見があります。子供から自然と母...

【母乳育児】1歳児ママの悩み!おっぱいはそろそろやめたほうがいいの?

母乳育児をしているママが、子どもが1歳ごろに悩み始めることのひとつに 「お...

卒乳・断乳の体験談

私はこうやって断乳しました!

私は、息子が1歳1ヶ月のときに断乳しました。 そろそろ二人目を…と考えてはいましたが、完母で生理が...

あっけなく来た次女の卒乳

次女の卒乳話です。 次女が9ヶ月の頃、長女が入院することなりました。 その病院は、親が24時...

カラダノートひろば

卒乳・断乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る