カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 母乳育児のトラブル「乳口炎」!その原因と対処法、抱き方おしえます!?

育児

母乳育児のトラブル「乳口炎」!その原因と対処法、抱き方おしえます!?

授乳中のトラブルに「乳口炎」があります。

 

ここでは、乳腺炎やつまりの原因にもなる、乳口炎の基礎知識と対処法についてまとめました!

 

●乳口炎の症状

乳首に1~2mmくらい、ニキビのような白い点ができます。

授乳中の痛みで気付く人もいますし、まったく痛みを感じない人もいます。

 

1週間程度で自然治癒するケースが多いようですが、悪化すると1ヶ月ほど長引いたり乳腺炎になったりします。

 

●原因は?

古い母乳が乳口をふさぐと乳口炎になります。

 

赤ちゃんの乳首のくわえ方が一因といわれ、乳首の先の方だけくわえると乳口に大きな負担がかかるので良くありません。添い寝しながらの授乳も、乳口炎を招く角度です。

 

脂肪分が多い食事や、冷たい飲食物を摂ると乳口炎になるという説もありますが、科学的には証明されていません。

 

●乳口炎の対処方法

抱き方を工夫する

赤ちゃんが乳首の根元からくわえられるような抱き方など、授乳の方法を見直しましょう。添い寝しながらの授乳は避けます。

 

適度に搾乳する

授乳間隔が空きすぎるのも良くないので、適度に搾乳すると乳口炎予防になります。「乳口炎に口内炎の薬を塗ると良い」「消毒した針で潰す」といった自己流の治療をする人もいるようですが、お勧めできません。

 

特に、乳首に傷をつけると、そこから細菌感染を起こす恐れがあります。

 

●乳口炎を治療するには

すでにできている乳口炎は、スクワランやホホバなどのオイルを少量コットンに含ませ、乳首にあててください。ふやけて詰まりが取れやすくなります。

 

温めるのも効果的です。湯船に浸かって、軽くおっぱいや乳首をマッサージすると良いでしょう。

 

自分では改善できない場合は、母乳外来や助産院に相談してください。

 

お母さんが疲れている、ストレスがたまっているために免疫力が低下すると乳口炎になりやすいという説もあります。育児疲れをためず、気分転換をするのも予防になるかもしれません。

 

搾乳はかわってもらえませんが、他の家事や育児をパパに手伝ってもらうのも良いでしょう。

 

また、他にも母乳育児の乳房トラブルがあります。「母乳育児の乳房トラブル!乳頭亀裂・裂傷になってしまったら…原因は?対処法は?」も参考にしてみてください。

 

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

乳腺炎になりやすい体質がある!?自分の体質を知って未然に防ごう!

気をつけているつもりでも、なんだか乳腺炎に何度もなってしまう…。もしかしたら、...

赤ちゃんが乳糖不耐症によって下痢を起こした際の『補水』の仕方

赤ちゃんが、生まれつき、または生まれて数ヶ月してから発症してしまう可能性のあ...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る