カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳腺炎 >
  6. 母乳育児の乳房トラブル!乳頭亀裂・裂傷になってしまったら…原因は?対処法は?

育児・子供の病気

母乳育児の乳房トラブル!乳頭亀裂・裂傷になってしまったら…原因は?対処法は?

出産直後から1日に何度も授乳するため、おかあさんのおっぱいには大きな負担がかかります。特に赤ちゃんが吸う乳首はトラブルを起こしやすい部分です。

 

乳首のトラブルで最も多い、「乳頭亀裂」「乳頭裂傷」について説明します。

 

症状

乳首に亀裂が入り、ひび割れた状態になるのが「乳頭亀裂」です。

 

皮がむけてしまうこともあります。亀裂の状態が悪化すると「乳頭裂傷」になり、乳首が切れて出血する場合もあります。

 

痛みが強いので授乳が苦痛になります。しかし授乳は休めないので症状がなかなか緩和せず、お母さんはとてもつらい思いをします。

 

原因

赤ちゃんが乳首を吸う力はとても強いうえ、歯茎や舌でしごくように乳首を刺激します。唾液で濡れた皮膚はふやけて傷つきやすいため、授乳中の乳首は亀裂が入りやすい状態といえるでしょう。

 

扁平乳頭、陥没乳頭だと赤ちゃんが哺乳しづらく、より強く吸うことがあります。授乳の角度によっても、乳首に負担がかかって亀裂の原因になります。授乳の方法だけではなく、授乳後に赤ちゃんをおっぱいから離す時も注意が必要です。まだ吸っているのに引っ張って引き離すと、乳首が切れやすいでしょう。

 

また、搾乳機の使い方によっても、乳首が傷いてしまいます。

 

対処法

・搾乳の仕方を工夫する

乳頭亀裂の段階で授乳を続けられそうなら、まずは抱っこの仕方や授乳の角度を工夫して負担を軽くします。赤ちゃんが大きく口を開け、しっかりと乳首を根元からくわえるようにしましょう。

 

乳首を保護するカバーを使えば、悪化を防ぐことができます。

 

・塗り薬を使おう

薬を使うなら、羊のオイルを原料にした塗り薬がお勧めです。赤ちゃんに害はないので、心配無用です。アルコール綿で繰り返し消毒するのは、乾燥を招いて逆効果になる可能性があります。

 

・搾乳を止める

乳頭裂傷まで進んだ場合は、直接の授乳を休むことをお勧めします。搾乳して哺乳瓶に移したものを飲ませてください。まずは裂傷を治しましょう。

 

授乳期間が長くなるにつれ、乳首の皮膚が強くなってきます。亀裂ができたら、悪化しないうちに搾乳などで対処してください。

 

 また、他にも母乳育児の乳房トラブルがあります。「母乳育児の乳房トラブル!乳口炎になってしまったら…原因は?対処法は?」も参考にしてみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳腺炎に関する記事

授乳中だけじゃない!?乳腺が炎症を起こす3つの病気

授乳中の乳腺炎はよく見られますが、実は授乳中以外にも乳腺炎がおこることがありま...

乳首が痛い…!よくあるおっぱいトラブルとケアの方法

「おっぱいをあげたいけど、乳首が痛すぎる!」 授乳をしているママさん、こん...

乳腺炎の体験談

侮れない乳腺炎。高熱と入院

「乳腺炎は痛いよ~」想像以上に辛いものでした・・。 3日間続く高熱、入院を経験。 もうかかりたく...

ガチガチオッパイ(´πωπ`*)

木曜日、予定外で夜お仕事になってしまったんです。。 いつもなら20時なんですがその日は19時に自宅...

カラダノートひろば

乳腺炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る