カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 初乳 >
  5. 【母乳育児の基礎知識】初乳の色や役割、分泌時期って?

妊娠・出産

【母乳育児の基礎知識】初乳の色や役割、分泌時期って?

母乳の中でも出産直後から出る「初乳」は特別なものです。

初乳とは何か、初乳を飲ませるために大切なポイントをまとめました。

 

初乳とは?

通常の母乳と初乳の違いは、含まれる成分の濃度です。

初乳にはタンパク質と脂肪分が多く含まれ、高カロリーかつ高栄養です。

初乳の色はクリーム色や黄色で、とろっとした粘性も特徴です。

分泌される期間には個人差があります。

目安は5~10日くらいです。

初乳の役割

赤ちゃんにとって重要なのが、初乳にたっぷり含まれるIgAやIgG、ラクトフェリンといった免疫抗体。

初乳を飲むことで、体の抵抗力が強くなります。

特に喉、消化器官を守る役割を果たします。

 

出生後1~数日以内に、赤ちゃんは胎便を排泄します。

胎便は、お腹の中にいた時に飲み込んだ羊水の成分がたまったものです。

胎便を排出できないと、黄疸になりやすいとも言われます。

初乳を飲むと、胎便の排泄が促されます。

初乳をあげるためにできること

出産前から、母親学級などでおっぱいの手入れ法を教えてもらいましょう。

休養をたっぷりとってリラックスを心がけ、ストレスがたまらないように過ごすのも大切です。

 

初めての授乳では、上手く飲ませられない方がふつうです。

焦らずに、抱き方や乳首のくわえさせ方を工夫してください。

初乳が出る期間は、出産後の入院期間と重なります。

助産師や看護師に積極的にアドバイスをもらって、授乳の練習をすると良いでしょう。

 

低体重など直接授乳できない場合は、搾乳をして哺乳瓶であげましょう。

母乳を冷凍保存してくれる病院もあります。

初乳をあげられなくても落ち込まないで!

初乳をあげられればもちろん良いのですが、たとえ初乳を1滴も飲ませられなかったとしても悲観する必要はありません。

妊娠中から、お母さんの免疫力が赤ちゃんに移行しています。

 

初乳をあげられなかったら免疫力がなく、体が弱い子どもになるというのは間違いです。

初乳の効果は約6か月。

その後は、みんな病気にかかりながら免疫力を獲得していきます。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

初乳に関する記事

子供の免疫力アップに重要!初乳とは?いつまで初乳が出るの?体験談もあり☆

子供を育てる上で、母乳育児を行っていきたいママは初乳をしっかり赤ちゃんに飲ん...

初乳を我が子に飲ませたい!妊娠中から初乳をあげるまでの体験談!

  出産後の約4日間に出る最初の母乳を「初乳」と言います。 生まれたばかりの赤...

初乳の体験談

授乳は痛みとの戦い!おっぱいが安定して出るようになるまでの道のり

想像を絶する痛みと戦って我が子を産んだ後に待ち受けている、授乳。 出産前から完全母乳で育てたいと思...

産後3日経っても母乳が出ない・・・マッサージは大事!

母乳って、赤ちゃんが生まれると必然的に出てくると勘違いしていました。 妊娠中のマッサージも、ただ出...

カラダノートひろば

初乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る