カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. アレルギー >
  5. 離乳食・幼児食で気をつけたい3大アレルギー食物!危険な食材って?

育児・子供の病気

離乳食・幼児食で気をつけたい3大アレルギー食物!危険な食材って?

消化器官が未発達な赤ちゃんは、離乳食・幼児食でアレルギー反応を起こすことがあります。アレルゲン(アレルギーの原因物質)になりやすい食品をあげる時は、十分に注意してください。主なアレルゲンを挙げます。

 

アレルギーの3大アレルゲンってなに?

子どもの食物アレルギーの中でも、特に多いアレルゲンは卵、乳製品、小麦です。これらは3大アレルゲンといわれています。

初めて与える際には様子を観察しましょう。

 

卵は、卵白に多く含まれるコボムコイドがアレルギーを引き起こします。

卵黄から少しずつ食べさせてください。卵白は、しっかり加熱してごく少量から試します。

 

牛乳など乳製品、パンやうどんといった小麦製品のアレルギーも増えています。

どの食品も離乳食・幼児食に便利ですが、初めからたくさん食べさせるのは控えてください。 

 

その他の注意したいアレルゲン

離乳食に使いやすい豆腐の原料でもある大豆も要注意。納豆、きな粉、豆乳など加工食品で摂取する機会が多いでしょう。

山芋や里芋を食べると、口の周りが赤くかぶれる赤ちゃんもいます。

アセチルコリンという物質がアレルゲンになっています。

加工食品のつなぎとして山芋が使われていることがあります。

 

動物性食品も、消化器官が未発達なうちはアレルゲンとなるかもしれません。魚ならサケ・イワシ・タラ・サバが代表的です。

ツナ缶のマグロ、魚卵にも気を付けてください。 

 

要注意アレルゲン

アレルギーによるショック症状、「アナフィラキシーショック」の危険もあるのがピーナッツ、そばです

この2つは激しい症状が出やすいので、アレルギー体質ではない子どもでも、あまり小さなうちから食べない方が良いです。

お菓子の原料にもなっているので、うっかり食べてしまいがちです。

 

親がアレルギー体質なら、できるだけ早いうちにアレルギー検査を受けましょう。そうでなくても、上記の食品を食べる際には慎重に。消化器の発達とともに自然治癒するケースもあります。

 

もし子どもにアレルギーが出ても、あまり悲観せず、食事の内容を工夫してください。直っていくことも多いです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/07-379862.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アレルギーに関する記事

うちの子はアレルギーがあるの?離乳食開始前のママの不安解消法とは?ママができる最善策

近年、アレルギーを持って生まれてくるお子さんは実に多いと言われています。アレ...

成長とともに食べられるようになる場合も!子供の食物アレルギー

■食物アレルギーってどんな病気?食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べた後に...

アレルギーの体験談

アレルギーの子供に!ジャスミン米パスタ☆

アレルギーっ子の子供にいろいろなものを食べさせたくて、日々色々と探しています! 今回はジャス...

大変だけど好きになった料理☆

【ほとんど料理しなかったわたしが、】 子供が産まれるまでは外食が好きだったし、ほぼ実家暮らしだ...

カラダノートひろば

アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る