カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 病院でメタボ検診~費用はおいくら?

生活習慣病

病院でメタボ検診~費用はおいくら?

 

2008年4月からメタボ検診が義務化されています。気になる健診内容と費用についてまとめました。

 

メタボ検診対象者と検診内容

40~74歳の男女が対象者です。国民健康保険、健康保険組合など医療保険加入者全員が対象になっています。

検診内容は腹囲、BMI、血糖値、コレステロール値、血圧の測定が基本です。喫煙習慣なども問われます。

※BMI(肥満度を表す指標):体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

 

費用の目安

住んでいる市区町村、加入している健康保険(医療保険)にもとづいて検診の費用が左右されます。自己負担額は、おおむね0~3000円ほどでしょう。一部の市区町村では、メタボ検診の完全無料化を実施しています。検査内容によっては、3000円以上かかります。

 

医療控除

メタボ検診の費用が医療控除の対象になるかは、検診の結果によって異なります。メタボ、またはメタボ予備軍と診断され、さらに検査の数値が来て位置を上回ると医療費控除の対象になります。

メタボ診断の基準値と医療費控除の対象数値は以下の通りです。

【血糖値】

・メタボ基準値:空腹時血糖値100mg/dl以上、もしくはHbA1c5.2%以上

・医療費控除対象値:空腹時血糖値126mg/dl以上、もしくはHbA1c6.5%以上

【脂質】

・メタボ基準値:中性脂肪が 150mg/dl以上、もしくはHDLコレステロール40mg/dl未満

・医療費控除対象値:中性脂肪が 150mg/dl以上、もしくはHDLコレステロール40mg/dl未満、またはLDLコレステロール140mg/dl以上

【血圧】

・メタボ基準値:収縮期血圧130mmHg以上、もしくは拡張期血圧85mmHg以上

・医療費控除対象値:収縮期血圧140mmHg以上、もしくは拡張期血圧90mmHg以上

 

義務化されている検診で費用が発生するのは疑問かもしれません。メタボ検診の目的は、メタボを予防して生活習慣病などを防ぐことにあります。将来の医療費を削減するためといえます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/01/14-384788.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メタボ・肥満に関する記事

雑穀や青魚がお勧め!メタボの食事療法

メタボリックシンドロームの対策としては、やはりまず日々の食事から見直したほう...

メタボ・肥満で病院を選ぶ~女性は婦人科も考えて

  「メタボ外来」「肥満外来」「ダイエット外来」を設ける病院が増えてきまし...


抗酸化成分が豊富!「豆苗と厚揚げのボリュームヘルシー炒め」

「豆苗(とうみょう)」。みなさんは食べたことありますか? 読んで字のごとく...

カラダノートひろば

メタボ・肥満の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る