カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 睡眠記録 >
  5. 睡眠障害を感じたら…睡眠の状態を記録する睡眠日誌を書こう!その効果とは?

不眠・睡眠障害

睡眠障害を感じたら…睡眠の状態を記録する睡眠日誌を書こう!その効果とは?

 

睡眠障害にかかっている、もしくは最近よく眠れていない・夜よく目が覚めるという症状があるなら、睡眠日誌をつけることをおすすめします。


●睡眠日誌とは


睡眠日誌とは睡眠の状態を記録するものです。
スケジュール帳を使って睡眠日記をつけているという方もいますし、パソコンのエクセルファイルで睡眠日誌をつけているという方もいます。
1日の流れを30分もしくは1時間区切りで記録できるものがよいです。
また、睡眠日誌には睡眠以外に休日かどうかや体調などを記録する欄も必要です。
総合的に睡眠状況を見直すのです。


●睡眠日誌の効果は?


睡眠日誌では、今まで把握しきれなかった睡眠状態を知ることができます。
自分の生活とは言えども、仕事の時間以外はいまいち何をやっているかわからないという方も多いはずです。
仕事から帰ってきて何をやっていたのか、睡眠前にどんな行動をとっていたか、寝ているときに起きてしまうとしたら時間の共通点や状況の共通点があるかどうかがわかります。
睡眠障害の改善のためには薬物治療だけではなく、生活療法も重要です。
睡眠日誌は生活療法を支えるためのツールと思ってください。
始めのうちは毎日つけるのが面倒かもしれませんが、慣れてくれば1日5分もかからずに睡眠日誌をつけられます
続けることで自分の生活パターンが見えてくるので、できるだけ長く続けるとよいです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/09/20-350497.php)

著者: momoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠記録に関する記事

携帯型脳波計とは?睡眠記録をとって自分の生活をみなおそう!

  睡眠時間において、日本人は世界の人々と比較して短いとされています。そのため、...

本格的な施設で自分の睡眠環境を知る

  睡眠状態を知ることは、睡眠障害の改善への一歩です。どのような病気でも、...


睡眠日誌には何を書けばよいの?

  睡眠障害の治療に役立つ睡眠日誌ですが、その細かい書き方や内容を見ていき...

カラダノートひろば

睡眠記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る