カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD(慢性閉塞性肺疾患)を楽にするための生活習慣と動作~入浴・トイレ

生活習慣病

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を楽にするための生活習慣と動作~入浴・トイレ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を発症すると、今までは何でもなかった動作でも息切れや疲労感を生じるようになります。日常生活をスムーズに送るため、工夫したい動作を挙げます。

 

動作の基本

全ての動作に共通するのは、「ゆっくり呼吸する」「肺を圧迫しない姿勢を保つ」という2点です。力を入れる、集中や緊張するときは無意識のうちに呼吸を止めがちです。

 

息苦しさを感じるので、常に深くゆっくり呼吸をします。前かがみになると肺を圧迫して呼吸困難を起こす危険があります。

 

衣服の着脱

意外と体を大きく動かすのが衣服の着脱です。中でもズボンやスカートを前かがみになって履く動作は要注意。椅子を用意して、前屈の姿勢をとらないようにしましょう。靴下、靴の着脱でも椅子の利用がお勧めです。

 

腕を肩より高く上げるのも、疲労の元になります。頭からかぶるTシャツやトレーナーではなく、前開きのシャツやカーディガンの方が楽に着脱できるでしょう。

 

入浴

入浴は健康な人でも体力を消耗します。長湯を避け、のぼせないようにしてください。肩まで湯船に浸かる習慣がある人は、湯量を減らして胸の下くらいの水位にしましょう。

 

体を洗う際には前屈みや腕を大きく動かさなくてはなりません。椅子に腰かけたまま洗う、柄付きのボディブラシを使うなど道具を活用すると良いでしょう。

 

トイレ

和式トイレはかがみこむときに体力を要します。和式便座の上に置くだけで洋式トイレになる簡易便座を使えば、改装工事をしなくて済みます。

 

便秘では、強くいきまなくては排便できません。食物繊維をたっぷり摂取する、発酵食品で腸内環境を整えるなど食生活も工夫しましょう。

 

何気ない動作が息苦しさにつながってしまうのが、COPDの特徴です。息切れ、頭痛、顔面蒼白、頻脈、極度の倦怠感などの症状が出たら、安静にして様子を見てください。

 

食べる前に工夫を!COPDの食事療法のコツ5つ!

COPDの患者さんは健康な人に比べると、呼吸の為に使うエネルギーが10倍以上だと言われています。

その為に、増加した消費エネルギー分を補うために、健康な人の1.5倍ほどのカロリーを食事から摂取する必要があります。

 

とは言え、これほどの量を食べるのは非常に苦しいものです。そんな苦しさを少しでも軽減するための5つのポイントがあります。

  

1、こまめに食べる

COPDの進行した方は、肺が拡大しているために一度に多く食べられません。食事を3回ではなく4~5回くらいに分けて、間食をこまめに取るようにしましょう。

 

2、食前に休憩する

COPD患者さんは呼吸にエネルギーを取られるので、ちょっとしたことで疲れてしまいます。食事の咀嚼でも体力が消耗してしまうので、食事前はゆっくりと休憩するようにして、食事の準備は簡単に出来るものにしましょう。

 

3、食前に排痰する

COPD患者さんは痰を排出する力が弱いので、痰が溜まりやすいです。その為に食中に息切れしてしまい、十分な量を食べれないことがあります。

 

食前に排痰したり気管支拡張薬を吸入して、楽な姿勢で食事をするようにしましょう。

 

4、よく噛む

急いで食べると空気を食物と一緒に空気を飲み込んでしまい、十分な量を食べる前に満腹になってしまうことがあります。これを避けるためにも、食事はしっかり噛んで食べるようにしましょう。

 

またガスを発生させる芋類や炭酸飲料なども、満腹の原因になるので控えましょう。

 

5、適度な運動をする

COPD患者さんは運動量が減るので便秘になりがちです。便秘になると腸内容物による圧迫によって、すぐに満腹になったり食欲が減退します。

 

適度な運動や繊維質の多い食物を摂取することによって、便秘を防ぎましょう。 

 

COPD患者さんの4割以上がBMI80%以下の“やせ”だと言われています。少しでも健康的な生活を送るためには標準体重を保つことが大切ですので、食べる時にちょっと工夫をしてみましょう。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の食事療法~効率よく栄養補給するには?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の人は、呼吸の際に多くのエネルギーを必要とします。そのエネルギーを確保するためには、10~20代の男性並みに栄養を摂らなくてはなりません。特に大切な栄養素や、摂取方法をまとめました。

 

タンパク質

筋肉量が減少しやすいCOPDの人は、良質なタンパク質の摂取が欠かせません。中でも体内で合成できないBCAAというアミノ酸をたっぷり含むタンパク質が大切です。

 

カツオ、マグロ、アジなど青背の魚、牛肉や豚肉、卵、乳製品、大豆製品を積極的に食べると良いでしょう。1つの食品に偏らず、さまざまな食品でタンパク質を補給しましょう。

 

腎臓に疾患がある場合は、タンパク質摂取に制限があります。必ず食事内容を医師に相談してください。また、タンパク質合成を促すためには、ビタミン類も必要です。

 

カルシウム

COPDの薬物治療にはステロイドホルモン剤が多く用いられます。ステロイドホルモン剤を服用すると、骨に含まれるカルシウム量が減少して骨密度が低下します。骨粗鬆症を防ぐために乳製品、小魚類、ゴマなどでカルシウムを摂ってください。

 

カルシウムの吸収を促すビタミンDも摂れば、より効果があります。干しシイタケ、魚介類で食卓にビタミンDをプラスしましょう。

 

カロリーアップのコツ

たくさんのエネルギーが必要とはいえ、食事量を増やすには限界があります。少量でも高カロリーになるような調理の工夫をしましょう。簡単にカロリーをアップさせられるのが、油を使った調理です。白米ではなくチャーハンにする、揚げ物を1品加えるといった方法でエネルギーを補いましょう。

 

1回あたりの食事量が少なくなってしまうなら、1日2回はオヤツの時間を作り、軽食を食べるのがお勧めです。チーズ、ビスケット、果物、和菓子などを常備しておくと便利です。

 

調理が負担にならないよう、時には栄養補助食品を利用して食卓を整えてください。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の食事療法は、食べ方の工夫がポイント

COPD(慢性閉塞性肺疾患)になると呼吸困難によって食事を摂りづらく、食欲不振に陥りやすくなります。一方で呼吸をするのに多くのエネルギーを必要とするため、摂取カロリーが足りずに栄養障害を起こすことがあります。食事法を工夫して、COPDで栄養障害にならないようにしましょう。

 

栄養所要量

COPDの人に求められるカロリー摂取量は、呼吸による消費を加味して健康時よりも多くなります。計算式は、以下のとおりです。

男性:11.5×体重(kg)+952kcal

女性:14.1×体重(kg)+515kcal

たとえば体重60kgの男性なら、1日あたり約2600kcalが必要です。

栄養素別にみると、炭水化物を全体の50~60%、脂肪が25~30%、タンパク質が15~20%必要です。COPDでは筋肉が減少しやすいため、アミノ酸合成に欠かせないビタミンの摂取も大切です。

 

食事法の工夫

通常よりも必要カロリーが多く、栄養バランスにも配慮しなければならないのですが、COPDでは十分に食事を摂りづらくなります。

そこでカロリーを摂取するため、まずは高カロリーのものから食べ始めると良いでしょう。食事の後半になると疲れが出て、食べるのをやめてしまうこともあります。余裕がある食事の前半でできるだけカロリーを摂っておきましょう。食べづらさを極力排除することもポイントです。食前は体を休め、息切れをしないように心がけます。呼吸しやすい体勢で食べられるよう、食卓や椅子にも配慮が必要でしょう。症状によっては、食前に気管支拡張剤の吸入、排痰といった医療的な措置も行います。

1回の食事でたくさん食べようとせず、食事の回数を多くして少しずつ食べるのもお勧めです。食事が負担にならないよう、精神面にも気を配ります。好物を多くする、口腔ケアをマメにして気持ちよく食べられるようにするのも良いでしょう。

 

食事内容と方法に気を配り、体力を養ってください。

 

COPDの食事療法!外食でも野菜をいっぱい食べよう!

 COPD患者さんは健康な人の1.5倍のカロリーを食べ物から摂取しなければいけません。

しかし、呼吸能力が落ちているので料理をするのにも息切れして疲れます。

 

そんな時に役に立つのが外食やスーパーの惣菜などです。

上手に利用して十分な栄養を摂りましょう。

  

・惣菜

メインとなる肉や魚だけになると栄養が偏ります。

きんぴらゴボウ、人参サラダ、切干大根、などの野菜の惣菜も一緒に買いましょう。

  

・パン屋さん

パンだけでなく、レタスやトマトなどの野菜やチーズなどが入ったサンドイッチなどを選びましょう。 

それにフルーツを組み合わせたり、飲み物に牛乳や果物ジュースを選んでみましょう。

 

・お弁当

スーパーやコンビニでお弁当を買う場合にはカロリーが表示されているので参考にしてみましょう。

お弁当だけでは野菜が不足しがちなので、別に野菜の惣菜も買うといいでしょう。

 

・中華屋

油をたくさん使った炒め物や揚げ物が多いのでエネルギーをしっかりと摂れます。

野菜を使った料理も多いのでバランスよく食べれます。

ただし、塩分が高いものも多いので気をつけましょう。 

 

・和食

様々な素材を使っているのでバランスよくエネルギーを摂取することができます。

ただし、こちらも中華料理と同じく塩分の高いものが多いので注意が必要です。

醤油やソースをかけるのではなく皿で付けるようにしたり、すだちやレモンなどで風味を足して塩分を抑えるようにしましょう。 

 

・洋食

カロリーは十分なのですが、どうしても野菜が不足しがちです。

サラダや野菜スープなどを注文するようにしましょう。 

 

栄養を全て手料理でまかなうのは大変です。

外食と上手に付き合って美味しくしっかりと栄養を摂取しましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

COPDってどんな病気?慢性閉塞性肺疾患の原因や症状、治療法について

近年、COPDという病気は世界中で患者数が増加しています。このため、世界的に...

カラダノートひろば

生活習慣病の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る