カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 生活習慣 >
  5. COPD(慢性閉塞性肺疾患)を楽にするための生活習慣と動作~入浴・トイレ

生活習慣病

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を楽にするための生活習慣と動作~入浴・トイレ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を発症すると、今までは何でもなかった動作でも息切れや疲労感を生じるようになります。日常生活をスムーズに送るため、工夫したい動作を挙げます。

 

動作の基本

全ての動作に共通するのは、「ゆっくり呼吸する」「肺を圧迫しない姿勢を保つ」という2点です。力を入れる、集中や緊張するときは無意識のうちに呼吸を止めがちです。

 

息苦しさを感じるので、常に深くゆっくり呼吸をします。前かがみになると肺を圧迫して呼吸困難を起こす危険があります。

 

衣服の着脱

意外と体を大きく動かすのが衣服の着脱です。中でもズボンやスカートを前かがみになって履く動作は要注意。椅子を用意して、前屈の姿勢をとらないようにしましょう。靴下、靴の着脱でも椅子の利用がお勧めです。

 

腕を肩より高く上げるのも、疲労の元になります。頭からかぶるTシャツやトレーナーではなく、前開きのシャツやカーディガンの方が楽に着脱できるでしょう。

 

入浴

入浴は健康な人でも体力を消耗します。長湯を避け、のぼせないようにしてください。肩まで湯船に浸かる習慣がある人は、湯量を減らして胸の下くらいの水位にしましょう。

 

体を洗う際には前屈みや腕を大きく動かさなくてはなりません。椅子に腰かけたまま洗う、柄付きのボディブラシを使うなど道具を活用すると良いでしょう。

 

トイレ

和式トイレはかがみこむときに体力を要します。和式便座の上に置くだけで洋式トイレになる簡易便座を使えば、改装工事をしなくて済みます。

 

便秘では、強くいきまなくては排便できません。食物繊維をたっぷり摂取する、発酵食品で腸内環境を整えるなど食生活も工夫しましょう。

 

何気ない動作が息苦しさにつながってしまうのが、COPDの特徴です。息切れ、頭痛、顔面蒼白、頻脈、極度の倦怠感などの症状が出たら、安静にして様子を見てください。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の大敵、感染症を遠ざける生活習慣

  急激にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状が悪くなる「増悪(ぞうあく)」...

COPD予防・治療のための禁煙のポイント!

COPDは慢性閉塞性肺疾患の英語表記の頭文字をとったものですが、日本では別名...


COPDの呼吸器リハビリテーション!腹式呼吸訓練をしよう!

     COPD患者さんは息切れによる呼吸困難状態になります。 呼吸不全...

COPDになったら気をつけたいポイント!QOL(生活の質)を向上させよう

  COPDになってしまったら肺が元に戻る事はありません!   日常生...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る