カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 男性更年期治療~診療科はどこへ行けばいい?費用は?

男性のカラダの悩み

男性更年期治療~診療科はどこへ行けばいい?費用は?

 

婦人科へ行けばよい女性の更年期と違い、男性の更年期はどこで治療を受けたらよいか迷うのではないでしょうか。男性の更年期を治療できる診療科をまとめました。

 

症状に応じて選ぶ

体調が思わしくないとき、「更年期ではないか」と考える男性は少ないでしょう。倦怠感や食欲不振などの症状があれば、内科を受診します。不眠、気分の落ち込みがあれば心療内科です。性機能の低下、尿の出が悪いなどの症状なら、泌尿器科です。

まずは不調が現れた部分をカバーする診療科へ行きましょう。更年期かもしれないと思い当たる節があれば、医師に伝えます。

 

男性更年期外来

男性の更年期を専門にす「男性更年期外来」の開設も増えています。男性更年期外来では、うつ、便秘、不眠、食欲不振、排尿障害、ED(勃起不全)、AGA(薄毛)など複数の診療科にまたがる症状をまとめて相談できます。症状ごとにいくつもの病院を回る負担が軽くなるでしょう。

対処療法的な治療ではなく、男性ホルモンの変化や加齢など男性更年期ならではの観点から治療が行われるのも、男性更年期外来のメリットです。

男性更年期には男性特有のデリケートな悩みも生じます。他の患者や女性の目を気にせず受診できる環境を整えた男性更年期外来もあります。

 

費用

保険診療の範囲内か範囲外かで費用が異なります。便秘、うつ、不眠、排尿障害などは保険診療の対象です。EDや脱毛は保険診療外なので全額自己負担です。

男性更年期で多いED治療には、バイアグラが処方されることもあります。バイアグラは1回の処方で4錠程度、5000~7000円が目安です。脱毛に効果があるプロペシアは28錠入り1箱で7000円前後。どちらも診察費用が別途必要です。

 

気になる不調があれば、まずは内科が無難です。複数の不調があり、更年期ではないかと思い当たる節があれば、初めから男性更年期外来を受診するのも良いでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/07-364898.php?category=33)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る