カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. その症状は男性更年期(LOH症候群)?セルフチェック17項目

男性のカラダの悩み

その症状は男性更年期(LOH症候群)?セルフチェック17項目

 

男性ホルモンのテストステロンが減少して起こるさまざまな不調を「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」といい、「男性更年期」とも称されます。すべての女性が更年期、閉経を経て女性ホルモンの分泌が減少するのとは違い、男性ホルモンの減少は個人差がかなりあります。LOH症候群かどうかは、年齢ではなく症状から判断します。LOH症候群の判定に使われる問診表を使い、セルフチェックしてみましょう。

 

LOH症候群セルフチェック

◆次の17項目の質問に答え、合計点を算出してください。点数は「無し=1点」「軽い=2点」「中程度=3点」「重い=4点」「非常に重い=5点」で計算します。

【設問】

1.総合的に調子が良くない

2.関節や筋肉が痛む

3.ひどい発汗がある

4.睡眠に関する悩みがある

5.よく眠くなる、頻繁に疲労感がある

6.イライラする

7.神経質になった

8.不安感がある

9.体の疲労や行動力の減退を感じる

10.筋力が低下した

11.気分が憂うつ

12.「自分の絶頂期は過ぎた」と感じる

13.「力尽きた、どん底にいる」と感じる

14.ヒゲが伸びるスピードが遅くなった

15.性的能力の衰えを感じる

16.起床時の勃起(朝立ち)の回数が減った

17.性欲が低下した

 

合計点からLOH症候群にどの程度あてはまるかを調べます。

「17~26点=該当しない、27~36点=軽度、37~49点=中程度、50点以上=重度」です。

 

男性ホルモンのテストステロンが減少すると骨密度が低下して骨粗鬆症のリスクが高まります。筋肉量も減少します。そのため、関節や筋肉が痛むことがあります。

ホルモンバランスが乱れて精神的に不安定になることもありますが、強いストレスがかかってホルモンバランスが乱れることもあり、ホルモンと精神状態は深く関わっています。LOH症候群の判定には精神面や睡眠に関する項目が大きな意味を持ちます。

 

セルフチェックでLOH症候群が疑われるようなら、病院で検査を受けてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/03/03-014794.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

自律神経失調症や精神症状…男性の更年期障害の諸症状について

  加齢によって現れる心身の不調である更年期障害は、長年女性のみの病気であ...

その不調、もしや男性更年期の症状?~めまい、肩こりなど

男性更年期の症状は分かりづらく、単なる疲れやほかの疾患と混同しがちです。日常生...


男性更年期の症状に多いうつ症状

          更年期症状といえば、女性のものと思われがちですが、そもそ...

男性ホルモンテストステロンの減少による男性の更年期障害とは

  これまで女性の更年期障害は広く知られても、男性の更年期障害はほとんど知...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る