カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. 今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

気になる病気・症状

今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

 

胆管の中に、結石が出来てしまうことで、激しい腹痛などを感じてしまう胆管結石。この辛い症状にならないために、すぐに取り組める、胆管結石の予防法を考えてみましょう!

 

◆肥満を解消させよう!

肥満体型の方は、沢山食事を食べることによって(過食)胆汁の分泌が促され、胆管結石になるリスクを高めてしまいます。

 

適度な量を心がけ、満腹にならないよう腹八分目でやめるようにしましょう。

また、ゆっくりよく噛むことで満腹中枢が刺激され、通常より少ない量で満腹感を得られるように工夫しましょう。

 

◆極端なダイエットも厳禁!

肥満になると危険だ!と思い、ダイエットをする方の中には極度なダイエットを行ってしまう人も。何も食べないで、痩せる!という方法を試している方は、かえって危険です。食事制限をしてしまうと、胆汁の分泌が阻害されてしまうため、これも胆石が出来やすくなります。

 

◆服用中の薬にも要注意!

現在服用している薬がある方は、服用中の薬が原因で、胆石を作りやすくしてしまうことも!薬の説明をしっかりと薬剤師さんに聞き、胆石のリスクを減らせるよう、医師の相談してみましょう。

 

◆妊娠中の女性は要注意!

妊娠胆管結石の因果関係は認められていませんが、妊娠直後に胆石を患う女性が多いとされています。妊婦さんは適度な運動を行い、しっかりとした栄養バランスのある食事をとるように心がけましょう。

 

◆適度な運動を心がける!

激しい運動は体に負担をかけてしまうため、ゆっくりとした有酸素運動を行うことがポイントです。健康な体は胆石のリスクを低下させます。

 

◆肉より魚を食べること!

出来るだけを食べるのではなく、を食べることを心がけましょう。特に青魚に含まれるEPAは、コレステロールが体内に吸収される働きを阻止してくれます。

 

◆ストレスを感じないようにする!

ストレスは万病の素とも言われてしまうほどで、免疫力を低下させてしまいます。ストレスを感じにくい体作りを心がけましょう。

 

例えば、気分転換を上手におこなったり、趣味をもつ、運動をする・・・他には、ストレスに強い脳を作るためにはビタミンが最適です。ビタミンを沢山摂取することなどが予防法です。

 

今すぐ出来る様々な予防法があることは、これで解ってもらえたかと思います。どの方法も簡単に見えますが、大切なことは、“継続すること”です。

一度や二度では身にならず、継続することで次第に効果が現れます。まずは、自分が無理なく出来る項目を、継続して行ってみましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/09/18-382119.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

こどもが発病したらどうなるの?!胆管結石の症状とは?

  胆管結石とは、中高年の肥満体型の女性に多いとされている症状なのですが、...

胆管結石にならないために~原因は食事!?食事の方法や調理段階で出来る予防法~

  胆管結石になってしまう要因として、考えられるものに、食事があります。 ...


悪性腫瘍が原因である「閉塞性黄疸」の治療とは

  肝臓で作られた胆汁が通る胆管が、何らかの理由により詰まってしまい発症す...

命を脅かす!総胆管結石症の治療法と予防法

  総胆管は胆汁を十二指腸に送る役割をもつ器官です。この部位にできた結石の...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る