カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝硬変 >
  5. 肝硬変末期…出来る治療はあるの?もう治療法はないの?

気になる病気・症状

肝硬変末期…出来る治療はあるの?もう治療法はないの?

 肝硬変の症状を起こし、検査をおこなうとすでに末期だと診断された場合、頭によぎるのは「あとどのくらい生きられるのだろう」という疑問です。

 

医師によっては、この時点で余命を告げられることもあるかもしれません。

肝硬変の末期だと診断された場合、実際にもうおこなえる治療は無いのでしょうか?

 

肝硬変の末期について調べてみました。

 

肝硬変の末期、もう治療法はない?

肝硬変の末期だと診断された場合、そしてそれがもし医師から「余命○○」だと告げられた場合、皆とても辛い心情に陥ってしまいます。

この際に「もう治療法はないの?」とよく疑問にもたれる方がいますが、出来る治療法としては対症療法や、薬物の投与、進行を遅らせるための治療、食事療法などが挙げられます。

 

治療としてはこのようなもので、病院へ入院となれば、延命のために出来る処置は行えるかもしれません。

 

が、しかし、大切にするべき部分は、患者さん御本人の意思です。入院はせずに、自宅で最期を迎えたい・・・と言う患者さんは少なくありません。

 

この場合、入院して行えるはずの治療に関しては困難になってしまいます。患者さん本人の意思がどのようなものかによって、末期症状の治療は方針が変わってきます。

 

自宅で治療を選択する場合

病院で入院治療をするのではなく、もう自宅で・・・と決断をされた場合、病院で受けられる治療よりも、出来る範囲が限られてしまいます。

 

この場合には薬を服用したり、定期的に病院へ通うなどの対処が可能ではありますが、自宅に帰った以上、症状の進行をいかに、遅らせるかがカギになります。

 

患者さん本人の、やりたいことや食べたいものなどを「もう長くないのだから」と行うことは間違いではありませんが、食事にも本来ならば気を配りたいところ。そこの判断に関しては、家族皆での話し合いになるかとおもいます。

 

肝硬変末期と診断された以上、回復はとても困難だと覚悟しておく必要があるでしょう。しかし『病は気から』とも言われるように、気持ちの持ちようで、病気の進行も変わってきます。

 

くよくよと悩みストレスを感じながらの生活よりも、活き活きとハツラツとした生活であれば、病気の進行も遅くできる効果があると、言われています。

(Photo by: //www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝硬変に関する記事

肝硬変で気を付けること*「食事」について

  よく耳にする肝硬変。「肝硬変になってしまったら、残された肝臓で生きてい...

全身のかゆみの原因は「肝硬変」!?気をつけて!かゆみ症状が特徴の"肝臓の疾患"は○○

デルマドロームという言葉は、あまり聞き馴染みがないと思います。 内臓は体の...


もし身内が末期の肝臓疾患になったら…知っておきたい唯一の治療法『肝臓移植』

  肝臓は移植のため切り取っても、また再生することができる   肝硬変...

最近では若年層でも?!アルコールも原因に?肝硬変の原因とは?

  肝臓という臓器は、臓器の中でも比較的症状の出にくい臓器と言われています...

カラダノートひろば

肝硬変の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る